生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 押さえておきたいキャバクラの入店からチェックまでの流れ

押さえておきたいキャバクラの入店からチェックまでの流れ

2013年04月12日更新

 views

お気に入り

はじめ

もう一年程離れてしまっていますが、接待や後輩の息抜きはもちろん自身の娯楽のために利用したキャバクラの入店からチェックそして退店までの流れを紹介させてもらいます。

初めて利用される方へ

キャバクラに初めて行かれる方向けに、事前に知っておいたほうが良い事項を紹介致します。

入店後訊かれるご指名の有無について

初めての方はここで男性スタッフに指名の無い事と、システム料金を確認しましょう。具体的な確認事項は3つ。

  • 1.時間の区切りとそれに伴う料金
  • 2.時間の確認はあるのか
  • 3.女性のドリンクは別か否か

女性の好みなどリクエストしても無駄でしょう。お店にもよりますがその場にいる女性には限りがあるのと、更に他の席の指名の兼ね合いもありますのでそうそう合致する事はあり得ません。

おおよそお店の都合で女性を回すのが常です。「期待に応えてくれなかった…」と残念に思うよりもそこはスタッフの器量に任せておくか、「場内指名」という形でフロア内で気に入った女性を見つけてスタッフに伝えて指名してしまうのがベストです。

よほど予算的に余裕があればアピールの上指名上位の女性が付くようにする流れはありますが、基本的にはないと考えたほうが良いです。

女性のドリンク注文について

ちゃんとしたお店であれば女性からドリンクの催促はそうそうすぐにはありません。席に着いてすぐドリンクの催促があるようでしたら、河岸を変える事をお勧めします。

指名について

フィーリングが合えば指名してあげましょう。

無理せずカッコつけずに。伊達と見栄を張る呑み方ばかりではありません。そうありたいものですが、実際には見栄を張ってしまうものです…。

地方やお店によっても言い方は違いますが、指名には概ね2種類がスタンダードだと思います。初見からの指名が「場内指名」。2回目以上の指名は「本指名」と言われます。

時間を確認する

予算や時間、帯同者の兼ね合いも考えてトイレに離席の際に時間の確認をしましょう。

最初に確認しても時間を伝えてこず、勝手に時間が切り替わり料金が増している場合もあります。

指名した子がいればその子に時間の確認をさせる様に伝えた方が良いです。

最低限のマナーを守る

夜の世界といえども常識は常識です。名刺をもらったら、大切にしましょう。また、会計は明快に行いましょう。

割り勘なら代表者を必ず決めて一括で、スマートに済ませましょう。

お店選びのチェックポイント

良心的かどうか

まずは明朗会計なお店を選ばないと、いくら楽しい時間が過ごせても後味が悪くなってしまいますし、次に行くときの目安にもなります。

グループで複数店舗で経営している所が現在は多いと思いますのでグループをチェックしてみるのをお勧めします。自分の知らない土地で利用する場合は必ず入店前に金額をチェックするべきです。

その際女性のドリンク料が含まれるお店があればお勧めしたいです。お酒で盛り上がれるのは男性にとって非常に良い事です。

女性従業員の人数

もう一つ重要なお店選びの際のチェックポイントは、その時点での女性の人数です。忙しくて女性が十分足りてない、もしくは出勤の女性が少ない状態で自分達が訪れても、一人にひとりの女性が付かなければ楽しくありませんよね。

接待のつもりで男性4人で行っても女性が2名とか3名とかしかつかないと、誰かが気を使ってしまいます。接待すべき方の女性が途中でいなくなっていつまでたっても女性が来ないなんて考えられませんよね。

必ず女性がマンツーマンでつくか最初に確認しましょう。

入店時にチェックすべきこと

「お店選びのポイント」をふまえて、もうひとつ確認したいのが女性の待機状況です。あまり好みでない女性が待機している場合、楽しく過ごせませんよね。

もう十年以上前になりますがある地方で利用したキャバクラでは少々御歳を召した方々が多数待機しておられて難儀しました。席についておしぼりを貰うまでに周りを一望して、自分の好みの女性を探しておきたいですね。

ボーイさんが来て指名やドリンクの確認をするまでに気になる女性がいれば指名しておくと、される方の女性もきっと良い気分で席についてくれると思います。

以前からその女性を知った上での指名である「本指名」と、初対面その日に指名する「場内指名(写真指名)」でもスタッフにより采配の仕方は変わってきたりします。
最近は采配を振るうスタッフ(フロアスタッフ)に女性がいる場合も多く見受けられます。

女性が来たら

時間は基本女性が付いてからスタートという風に説明されるはずです。また、ボトルは女性が来てから必ず女性を通じて注文してあげて下さい。それが女の子の仕事ですから。

女の子の席の采配はお店を廻す男性の手腕によります。指名したお客様はもとより、指名される女性にも満足されるような采配はとても難しいものです。

指名した女性が席に居る時間と、指名しない場合の女性の入れ替わり時間は、その時のお客様の入り具合と指名の数、そして采配を振るう男性スタッフによります。女性との接し方にマニュアルはありません。訪れたあなたが楽しい時間を過ごせれば正解だと思います。女性もお仕事と割り切っていますので人として最低限のマナーだけ守って過ごして良いと思います。

相手は女性です。そこも踏まえて楽しみましょう。もしその後も通いたいと思うのであればここは重要です。女性は噂が大好きです。
ボトルは必ず入れなければいけないものではありませんが、女性の前ですからすこしでもカッコつけたほうが良いとおもいます。焼酎とかでOKでしょう。

終了から退店まで

終了時間の知り方

時間か近づくとフロアスタッフがその事を告げに来ます。今はほとんど女性づたいに伝言ゲーム的に伝わってくるはずです。帰る場合はその旨伝えるとお店によっては女性が卓上にあった蝋燭を消す等のサインでその旨を伝えます。

延長の場合はその旨伝えて下さい。その際に次の切り替え時間をチェックしたほうがいいと思います。閉店時間が迫ると中途半端な時間の切られ方と会計になってしまいます。

ベストな時間帯

筆者は、退店時間と閉店時間を合わせた遊び方がベストだと思います。話しが盛り上がって俗にいうアフターをゲット出来れば素敵な思い出が作れるのではないでしょうか。今は携帯番号はもとより、メールアドレスも簡単にゲット出来るだけに、アフターをゲットするのはキャバクラ遊びの醍醐味だと思います。

アフターに誘うにはやはり流れが絶対条件。女性を心底楽しませて且つ時間内に女性にもドリンクを振る舞ってあげる事は必須ではないでしょうか。もしキャバクラに行くのが2人なら、指名する女性は仲良しの方が後のアフターに繋がりやすいですよね。3名以上でもなるべく仲の良い女性をまとめた方がアフターに繋がりますが、好みも分かれると思いますのでそこは連携を取ってうまくまとめましょう。5名以上なら何も考えず盛り上がり、勢いを作りましょう。

また、別れ際にはちゃんと目を見て「ありがとう」の一言と具体的に楽しかった話や事を短く伝えてあげましょう。真摯な態度がやはり一番好感をよびます。

連絡先を訊く際のルール

スマホが普及してもう何年も経ち、メールアドレスを訊く事が難しい事ではなくなりました。よほど失礼がなければ逆に訊かれると思いますのでそれが無ければ今一度自分の言動を振り返り、落ち度が無ければ恐縮しながら訊いてみましょう。そこで教えて貰えなければ何らかの理由があるはず。潔くあきらめるべきです。

入店〜退店までの流れの中で注意すべきこと

入店前に一番気を付けることは、ズバリ予算。身の丈に合ったひとときを過ごしましょう。

もし気に入った女性と出逢うような事があっても初日に無理をすると後々きつくなります。退店までの気を付けるべきこと、つまり相手がお仕事であるとはいえ女性であるということを最低限忘れない事。

おわりに

少々男性目線に立ちすぎて記述してきてしまいましたが、大事なのはちゃんと女性として優しく対応してあげる事を忘れてはいけません。

気持ちは伝わるもの。卑下して相手を見る事の無い様にしましょう。不誠実な行動はお互い悲しい結果しか生みません。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130411125705 5166349194fef

本記事は、2013年04月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る