生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 簡単で可愛い!子供のハロウィンの仮装のやり方

簡単で可愛い!子供のハロウィンの仮装のやり方

2013年04月11日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

ハロウィンは、日本ではそれほど馴染みのある日ではありませんが、最近は様々な店舗でハロウィンにちなんだイベントをするようになったので、だんだんと日本でも楽しむ人が増えましたよね。

著者も、毎年ハロウィンには、子供たちに簡単な仮装をさせて、写真を撮ってコンクールに出したり、イベントに参加したりしています。

そんな著者が実践している、ハロウィンの仮装選びのポイントについて紹介したいと思います。

著者が選んだハロウィンの仮装と選んだ理由

選んだ仮装

著者は、1歳の娘に着せる仮装に、黒猫を選びました。

理由

黒猫は、耳を付けるだけでそれなりに見えますし、女の子なのでカチューシャを付けて可愛くしたかった、という点で選びました。

また、たった1日のイベントなので、できるだけお金をかけたくない!と思い、家にある材料で簡単に作れるものを・・・ということも考えて選びました。

仮装を準備し始めた時期

著者が選んだ仮装は、とても簡単なものなので、ハロウィンの前日に急遽準備しましたが間に合いました。

入手方法

自宅にあったものを活用して作ったので、特別な買い物はしていません。

仮装の方法

ストールの活用

著者が冬場に首に巻いたり肩に掛けたりして活用している「ストール」を、子供の肩に掛けて胸元で結びました。これは、黒のマントのつもりです。

手作りカチューシャ

著者が普段使っている黒のカチューシャに、厚紙で作ったネコ耳をくっつけました。セロテープで簡易にくっつけただけなので、手間も時間もかかっていません。

もちろん、耳を剥がせば元のカチューシャに戻り、使用できます。

仮装で写真をパチリ!

1歳の娘なので、仮装をして長時間過ごすことは、まだ無理があります。なので、著者が作った簡単な仮装で写真を撮影し、地元のケーキ屋さんのコンクールに応募しました。

写真だと、セロテープなど細かい部分が分からないので、娘の可愛らしい表情も手伝って、見事、最優秀賞をもらうことができました。

おわりに

とっても簡単な、家にあるものを活用した仮装です。これを応用して、ストールの胸元にボタンやリボンをつけたり、カチューシャのネコ耳もフェルトなどで手作りすれば、より本格的で可愛らしい仮装になると思います。

たった1日のイベントですし、毎年同じ格好では面白くないので、簡単で安くできる仮装が一番ですよね。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130408124616 51623d8819b9f

本記事は、2013年04月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る