生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. ちょっと贅沢して楽しもう!土用の丑の日の過ごし方

ちょっと贅沢して楽しもう!土用の丑の日の過ごし方

2013年04月11日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

土用の丑の日といえば、「暑い夏を乗り切るために栄養のあるウナギを食べてスタミナをつけよう!」という風習のある日ですよね。

この日はいろいろなスーパーやコンビニで、ウナギを特別価格で購入できたり、店頭で焼きながら販売したりしています。そんな雰囲気だけでも楽しいものです。

著者の家庭でも、この「土用の丑の日」は、少しだけ贅沢をして楽しむようにしています。そんな著者の家庭での土用の丑の日の過ごし方を紹介したいと思います。

ちょっと贅沢な土用の丑の日の過ごし方

ウナギ専門店にお出かけ

近所のスーパーでも、ウナギを特売したりしていますが、スーパーのウナギならいつでも購入できますよね。そこで著者は、土用の丑の日はちょっと贅沢して、夫と2人で自宅から30分ほどのところにある「ウナギ専門店」に食べにいくことにしています。

土用の丑の日は平日が多いので、子供たちも保育園や小学校で家にいないため、自営業を営む夫と夫婦水入らずで高級なウナギを楽しめるのです。

焼き立てウナギを堪能

ウナギ専門店に着いたら、1人前2000円のウナギの特重を注文します。さばき立て、焼き立てのウナギは、専門店だからこそ味わえる味です。セットで付いてくる「きも吸い」も、近所のスーパーでは手に入りません。

子供たちがいない時間だからこそ、大人の味を心から楽しむことができます。

土用の丑の日を贅沢に過ごした感想

著者の夫婦は、ウナギが大好物ですが、スーパーで買っても決して安いものではないので、普段は節約のため、滅多に購入しません。

ですが、土用の丑の日はここぞとばかり良いウナギを堪能することで、普段ガマンしているストレスを発散できますし、安いものをたくさん食べるよりも、満足感があります。

高級ウナギを食べると、栄養満点でスタミナが付くのはもちろんのことですが、心も満たされるので、「よし!仕事頑張ろう!」という気持ちになれます。

その他のオススメの過ごし方

もし、土用の丑の日が休日だった場合には、子供たちがいて、高級なお店に行くのは少しもったいないですよね。ですが、購入してきたウナギを家でただ食べるだけ、というのもつまらないものです。

子供たちがいるときには、近所の牛丼屋さんに家族で食事に行きます。この季節には牛丼屋さんにもウナ丼がありますし、子供たちも好きなメニューを注文できて喜びます。

子供たちにとっては、高級店よりもファーストフードのほうが楽しいみたいですよ。

おわりに

土用の丑の日は、大きなイベントではないかもしれませんが、せっかくなので思い切り満喫したいですよね。おいしいウナギをしっかり食べて、心も体も栄養で満たされましょう。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130410095315 5164b7fba0264

本記事は、2013年04月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る