生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 喧嘩なんてしてたらもったいない!恋人と仲良く旅行するコツ

喧嘩なんてしてたらもったいない!恋人と仲良く旅行するコツ

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

筆者は、小旅行や本格的な旅行を含めて1年に数回は彼と旅をします。主に車での旅になりますが、お互いに大好きな野外ライブや温泉旅館など様々な場所に行きました。元々旅行好きな二人なので、いつも全力で楽しんでいます。

巷ではよく、旅行に行くと必ず喧嘩をして散々な思い出になるというカップルもいるようですが、筆者は一度も旅行で喧嘩をしたことがありません。

旅行というものは非日常なので、咄嗟の時に素が出てしまうものです。相手の些細な言動にイライラしたり、予想外の出来事でパニックになることもあります。しかし、せっかくの楽しい旅行なんだから台無しにはしたくありません。

筆者が気を付けているポイントをご紹介します。

恋人と旅行する時のコツ

1.細かく予定を立てすぎない

出発前のことになりますが、あまり細かく予定を立ててしまうと、それが遂行されなかった時に喧嘩のもとになります。

泊まるホテルや目的地は決めておかないと大変なことになりますが、それ以外のことは大まかでいいと思います。

筆者自身、あまり自主的に動くタイプではないので、彼に任せきりなところがあります。基本的には彼の立てた計画に乗って、それ以上のことはしません。一般的に男性はリードしたいという人が多いので、彼の意見を尊重してあげた方が楽しく準備ができます。

そして、男性が企画した内容は女性にとっては大雑把すぎると思うことが多いですが、それでも大概はうまくいくものです。多少行き当たりばったりの要素を残して行った先で考えようか、ぐらいの姿勢でいたほうが心にも余裕が生まれます。冒険をしてみるというのも楽しいですよ。

計画立てた旅行は、女同士であればいいかもしれません。しかし、男性はあまり立て込んだ予定を好みません。修学旅行のような分刻みの予定なんてもっての外です。

2.移動中に気配りを怠らない

車移動の時は特にですが、運転してくれるのが彼であれば可能な限り気にしてあげてください。

筆者は残念ながら車の免許を持っていないので、車移動となると彼に頼るしかありません。ですので、できるだけラクに運転ができるように気を付けています。

優しい彼であれば、「寝ててもいいよ」と言ってくれるかもしれませんが、深夜や長距離の運転をする場合は、とてもキツイはずです。出来るだけ起きて話し相手になってあげてください。寝てしまっても、気にしているよという気持ちが伝わればそれでいいです。

疲れていないか、喉は乾かないか、眠くなってはいないか、こまめに気を付けてあげましょう。

食べ物の袋は破ってから手渡したり、口元に持って行ってあげたりしても喜びます。ペットボトルなどの飲み物は、キャップを開けてから渡してあげましょう。出来る限り安全運転できるように気を配るのも、大事な役目です。

3.譲り合う気持ちを大切にする

どんなに予定を立てていても、行った先で予定を変更したくなることがあります。自分のしたいことと相手のしたいことが合致しないこともあります。そんな時にお互いに自分の気持ちを主張すると、喧嘩になってしまいます。

筆者はどうしてもやりたいこと以外は彼の意見を優先するようにしています。相手のやりたいことを一つさせてあげたら、自分の望みを叶えてもらったりといったように、ルールを決めると、衝突しにくいです。

せっかく彼との楽しい旅行なのですから、自分ばかりではなく彼の喜ぶ顔も見たいものです。衝突しそうになった時は、譲れるところは極力譲るというふうにすると、お互いに嫌な思いをしなくて済みます。

お互いに、思いやりを忘れないようにしてください。

4.マイナスワードを口にしない

遊園地や商業施設などで男性が口にしやすいワードではあると思いますが、「疲れた」という言葉は男でも女でも禁句です。普段し慣れないことをしているのだから、お互いに疲れるのは当然です。そんな言葉は、ホテルに帰ってから口にしましょう。

筆者は旅行中は出来るだけ明るい言葉を使うように心がけています。相手から疲れたなんて言葉は聞きたくないですし、疲れたと感じる暇を与えさせたくもないからです。少し酷なようですが、全力で楽しむというのも大切であると思います。

旅行の中でちらほら見えるであろう相手の欠点を指摘するのもやめましょう。どうしても我慢ならないことであれば、柔らかい言葉で伝えるか、旅行が終わってから伝えるようにしましょう。

旅行中は、少しぐらい我慢しても楽しむ努力をすることが大切です。

5.記念写真をしっかり撮る

最後に、その後の思い出のためにしっかり記念写真を撮りましょう。筆者はよく出掛ける時にカメラを忘れて出ることがありますが、今は携帯一つあれば大丈夫です。

携帯のメモリの中には、彼との大切な思い出がたくさん詰まっています。たまに彼と見返しては「あの時はこんなことがあったね」と振り返りながら楽しんでいます。

どこかで撮ると決めていれば、ベストショットが取れる場所を探したくなります。もう一つオマケの楽しみができて良いですよ。

おわりに

どんなに楽しいはずの旅行でも、お互いに努力しなくては楽しくはなりません。時には我慢も必要です。こうしたら喧嘩になるかもしれないな、という行動は徹底的に避けるということが大切だと思います。

筆者は何度も彼との旅行を重ねるうちに、旅行先での二人がこれから先の二人であるということに気付きました。旅行中に何事もなく楽しく過ごせるのならば、その相手は最高のパートナーであると思います。

皆さんも恋人との旅行を楽しんで、素敵な時間を過ごしてください。

(Photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130402171407 515a934f22619

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る