生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. ストールで美しく「銀座巻き」をマスターする方法

ストールで美しく「銀座巻き」をマスターする方法

2016年11月21日更新

 views

お気に入り

はじめに

ストールの巻き方は得意ですか? 

ストール、ミニストール、実は、とてもお洒落に装いやすくて、お出かけ先での収納にも便利で、慣れてしまうと本当に便利なんです。

知っているつもりでも、「上手な巻き方」を見直すことで、美しく「魅せる」方法をマスターできます。今回はストールの巻き方として、とても優雅な「銀座巻き」を、ご紹介します。

寒色系のストールならクールにカッコよく決まりますよ。

ポイント1 「銀座巻き」

ストールの巻き方のなかでも「銀座巻き」を、ご紹介します。

まずは、こちらの動画をご覧下さい。とてもわかりやすくて、すでにストールを愛用しているというひとも、あらためて他人が自分自身でスールを巻く姿を見ることをオススメします。

自分自身の姿を投影してとらえやすいので、ポイントを再確認してみてください。

EMBED:QlQWVc8qtlU

##ポイント2  最初に「ねじる」のがポイント
銀座巻きは、「ねじる」ことで「交差」が生まれて、自然な流れを「後ろ向き」に流せる、とても優雅な雰囲気に仕上がります。

説明で見たり聞いたりするよりも、実際に巻いてしまうと「あれ?できてる」と驚くほどカンタンに仕上がります。慣れれば本当に美しい装いが完成します。

実際に巻くときのコツ

実際にストールで「タートルドレープ」に巻くときのコツを、ステップで解説します。

STEP1

まず、ストールを縦に半分に折ります。

STEP2

左手では「折り目」のほうを持ちます、右手では「端」のほうを持ちます。この持ち方ができていると「ねじれ」ができています。上手に持って、バランスを整えて、「真ん中」に「ねじれ」が1個できている状態にしましょう。

STEP3

そのまま、さらっと首の後ろにまわして掛けてください。「ねじれ」の部分が首の後ろにきます。

STEP4

「端」が見えなくなるように内側へ少し折ります、その状態で逆の肩へと、手前でまわして掛けます。

STEP5

もうかたほうを、やはり逆の肩へと、まわして掛けます。このとき「折り目」のほうが、先に肩へかけた下のラインよりも上になるようにして、逆の肩へと、手前をまわして掛けます。

STEP6

正面を「ふんわり」と整えましょう。これで完成です。

最初に「ねじれ」を生んでおくことで、ふんわり感と効果的な交差ができあがります

おわりに

スートルは大きくて長いのが特徴です。ストールは、使うときにも収納するときにも、きれいに折ることで、美しい生地を維持できます。

普段からストールを持ち歩いているかたに、ぜひマスターして欲しい巻き方です。

本記事は、2016年11月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る