生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 付き合いを円滑に!ご近所の方と仲良くする方法

付き合いを円滑に!ご近所の方と仲良くする方法

2013年04月10日作成

 views

ご近所の方たちと良好な関係を保つことは、自分自身にとってプラスとなる面もたくさんあります。ご近所の方々と協力し合って目を光らせることで、犯罪から家庭や子供たちを守ったり、住んでいる地域を良くしていくこともできるのです。

ですが、ご近所付き合いというのは、距離の取り方がなかなか難しいものです。ご近所に住んでいれば、毎日のように顔を合わせることになりますし、引越しでもしないかぎり、何か問題が起こっても関係を断ち切ることが難しい関係です。イロイロと悩みも付き物ですよね。

そこで、そんなご近所付き合いに悩む方に向けて、「ご近所の方々と仲良くする方法」を紹介したいと思います。

目次

他人の家庭に首を突っ込みすぎ!

ご近所で、特に「おばちゃん」と呼ばれる世代がやってしまいがちなことが、「世話の焼きすぎ」、「首の突っ込みすぎ」ですよね。

「お宅の赤ちゃん、毎日のように大声で泣いているけど、大丈夫なの?」とか、「あそこの家、窓を開けているのを見たことがないけど、換気もしないで奥さんは何をやっているのかしら?」なんて、どうでもよい他人の家庭のことまで詮索してきたり、余計なお世話を焼いたりしてくるのです。

そして必ず出てくるのが、「噂話」

「あの家の赤ちゃんは泣きっぱなし。ママが面倒見ないそうよ!」とか、「あの家の奥さんは、実家にばかり遊びに行って、家事はまったくしないんですって!」なんて、あることないこと、噂にして流されてしまったりするのです。

噂話は、ご近所付き合いにおいて最も怖いものです。

自分は参加しないこと!

「おばちゃん」と呼ばれる世代の方々が、あれこれ他人の噂話に花を咲かせて喜んでいても、とにかく自分は参加しないようにしましょう。噂が好きなご近所の方の前で、他人の噂話に参加して悪口を言えば、そのおばちゃんを通じて他に伝わりかねません。そうなれば、ご近所との関係はたちまち悪くなってしまいます。

おばちゃんに噂話を持ちかけられても、愛想の良い笑顔で、「そうなんですか。」と、軽く交わしてしまえば良いのです。

ご近所の方々の噂話と悪口は、軽く受け流すようにしましょう。

挨拶程度の関係をキープ!

噂好きなおばちゃんが、他人のあらぬ噂や悪口を言いふらして楽しんでいるのを見て、どう思うでしょうか?その人に何か知られたら、余計な噂を流される・・・と、相手を警戒してしまいますよね。

土足でづかづかと他人の生活を覗こうとするような人は、誰とも良い関係を築くことが難しいのです。

そうならないために、ご近所の方々とは、顔を合わせれば笑顔で挨拶を交わし、当たり障りのない天気の話や子供の学校の話をする程度の関係をキープするようにしましょう。

近すぎず、遠すぎずの距離感が、良い関係を保つのにピッタリな距離です。

ご近所付き合いの注意点

ご近所付き合いを難しく考えすぎて、近所の方との関係を一切断ってしまうことのないようにしましょう。どんなに苦手な相手とでも、笑顔で挨拶、くらいはできるはずですよね。

会ったときに、にっこり笑って、「こんにちは。良いお天気ですね。」というだけでも、相手に好印象を与えて、ご近所の方と程よい距離の関係を築きやすくなりますよ。

「挨拶もしない無愛想な人」にだけはならないようにしましょう。

近所付き合いに悩む方へアドバイス

近所の方々というのは、自分が選んで出来た人間関係ではないので、「全ての人を好きになり、好きになってもらう」というのは難しいでしょう。

ですが、そんなに肩肘を張る必要はないのです。どんな人だって、「誰からも好かれる」なんてことはないのですから。

「特別深く仲良くなるのは難しいけれど、気持ちよく挨拶できる関係を築こう!」

そんな風に、ご近所付き合いのハードルを下げてしまえば、気持ちがスッと楽になりますよ。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130409205624 516401e89890b

本記事は、2013年04月10日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る