生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 子供が喜ぶイベントに!家族で楽しむ七夕の素敵な過ごし方

子供が喜ぶイベントに!家族で楽しむ七夕の素敵な過ごし方

2013年04月10日作成

 views

お気に入り

織姫と彦星が、年にたった1度だけ会うことが許された日・・・そんなロマンティックな逸話のある七夕の日は、素敵な気分を味わいたいですよね。

大人にとっては、大したことのないイベントかもしれませんが、子供がいると保育園で短冊を作ったり笹を飾ったりして、嫌でも七夕を意識することになります。

そこで著者は、家庭でも子供たちと一緒に、心から七夕を満喫するようにしています。そんな著者が実践している、七夕の日の素敵な過ごし方を紹介したいと思います。

目次

素敵な七夕の過ごし方

笹をもらってくる

七夕といえば、笹飾りがないと始まりませんよね。著者の近所のスーパーでは、毎年七夕の日に、手頃なサイズの笹の葉を無料で譲ってくださるサービスがあります。

著者は、七夕の日の朝にそのスーパーに出向き、家庭用の笹の葉をもらってきます。

保育園ですることと同じですが、家族で楽しむとまた違った面白さがあるものです。

笹を飾りつけ

子供たちが保育園から帰ってきたら、笹を飾り付けます。定番のものから少し難しいものまで、様々な折り紙を折って、笹を飾っていきます。そして、家族5人全員が、願い事を1つ書いて笹に吊るします。

飾る過程は、親子の絆が深まる素敵な時間です。

ゼリー作り

それから著者の家庭では、星型の型を使って、子供たちと一緒にゼリーを作ります。液を流し込んだら冷蔵庫に入れて、固まるまでの間に、お風呂に入ったり夕食を作ったり・・・用事を済ませてしまいます。

保育園などで七夕に食べるゼリーのカップをもらってきて再利用しています。

夕食後にゼリー

家族揃って夕飯を食べたら、デザートにゼリーを食べます。星型のゼリーはきらきらしていて、七夕の夜に食べるにはピッタリです。

笹を燃やす

デザートも食べ終わったら、家の庭に安全な場所を確保して、小さな笹飾りを燃やします。星空を眺めながら、笹飾りに願いを託し、燃えていく様子を子供たちと眺め、語る大切な時間です。

以前は川に流していたのですが、折り紙がゴミになってしまうので、エコの観点から辞めました。

やってみた感想

家でも本格的に七夕を楽しむことで、家族の絆が深まり、とても楽しめる1日になります。子供たちも、七夕のイベントに胸を躍らせながら保育園から帰ってきます。

また、短冊に書いた願い事を見ることで、家族の想いを知ることができるのも良い点です。子供たちや夫が、何を願っているのか知ると、心が温かくなったりしますよ。

その他のオススメの過ごし方

七夕というイベントは、どういうイベントなのか、子供たちにしっかり知ってもらいたいですよね。

そこで著者は、七夕の日には必ず、七夕の絵本を読んで聞かせ、子供たちの感想を聞くようにしています。

子供ならではの感想が飛び出して、大人とは違った視点で七夕を楽しんでいることに驚きますよ。

おわりに

ロマンチックで素敵なイベント、「七夕」。家族で思い切り満喫して、良い思い出を作りましょう。大人も童心に返ることができますよ。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130407210425 516160c99b55c

本記事は、2013年04月10日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る