生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 中学・理科2分野「気象の情報」の学び方

中学・理科2分野「気象の情報」の学び方

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

今回は、「気象の情報」について学びます。

気象観測衛星

ここでは、気象観測衛星とはなにかについて学びます。

気象観測衛星とは、気象観測を行う人工衛星のことです。現在、日本が運用している衛星は「MTSAT」という衛星で、通称ひまわりと呼ばれています。

また、これらは広域での気象観測が可能なため、台風などの観測に役立っています。

気象観測衛星は、主に気象観測を行っています。
ひまわりとは、日本の静止衛星・気象衛星の愛称です。

アメダス

ここでは、アメダスとはなにかについて学びます。

著者は、これを習う前、アメダスは「飴を出す機械」だとばかり思っていました。しかし、当然ですが、違っていました。

アメダスとは、気象庁の無人観測施設である「地域気象観測システム」の通称です。

アメダスは、降水量・気温・日照時間・風向,風速を観測しており、現在日本には約1311個設置されています。

アメダスは、Automated Meteorological Data Acquisition Systemと表記され、太字で表記している部分をローマ字読みしてアメダスとなります。

このような形をしたものがあり「気象庁管轄(国土交通省)」と書いてあればそれがアメダスだと習いました。

今のところ、著者は見かけたことがないです。町で見つけてみてください!

おわりに

いかがでしたか? ぜひ覚えてくださいね!

(photo by amanaimages)
(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130405000243 515d961359d0e
  • 20130405001330 515d989a803c8

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る