生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 凹み方も色々です!友達を励ます方法

凹み方も色々です!友達を励ます方法

2013年04月09日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

友達が凹んでいる時、あなたは何をしてあげられるでしょう。励ますこと。もちろん、友達だからこそ元気になって欲しいですね。ただ励まし方によってはかえって友達を落ち込ませたり、反感を買ったりする場合もあります。

実は人を励ますというのは難しいものなのです。なぜなら人によって凹み方は違うもの、つまり励まし方もよく考えないと通り一遍なものに聞こえてしまうのです。ではどういう性格に対してどんな風に励ませばいいのでしょうか。

効果的な励まし方とは?

励ます行為というのは言葉だけではありませんね。もちろん声かけも必要だろうし、激励とは異なった言葉で声かけすることも場合によっては効果があるし、何も言わず微笑みかけることも励ましになることがあります。

その人にとってどういう行為が励ましになるのかは、その人の凹み具合やその人の性格によって違うものです。相手に合わせて柔軟に対応すべきなのです。

何をすべきかわかってあげられるのはあなたしかいないのです。

SOSを出してくる友達には

「話聞いてくれる?」「ちょっと付き合ってくれる?」こんな風に自分から助けを求める友達なら快くつき合ってあげましょう。こういう人はとにかく話したいのです。話して時には泣いて、そして辛い感情をあなたに受け止めて欲しいのです。

それに対してあなたは色々言葉を並べるのではなく、ただ相槌を打ちながら聞いてあげて下さい。「大変だったね」「そうね、それは辛いよね。」と同調するのが効果的です。

NGワード

「気にすることないよ」「あまり深刻にならないで」「元気出そうよ」

本人にしか辛さはわからないのだから軽々しい言葉は辞めたほうがいいですね。凹んでいること自体を否定しているかのようにも聞こえます。

人によりかかろうとしない友達には

友達と言えども弱みを見せたくないタイプの人もいます。プライドが高く精神的にも強い人は、凹んでいてもあまりそれを誰かに話そうとはしないものです。人にやさしくされるのが苦手な人もいます。

それに対して「何かあったの?」「私で良かったら話聞いてあげるよ」などと声かけすることは避けたほうがいいでしょう。励ましたい時は普通に「お茶しない?」「暇だったらご飯でも行く?」など普段通りの口調で誘ってみて下さい。

仲の良い友達でも話したくない時もあるでしょうし、その時はそっとしておきましょう。ただし、いつでもお伴できるという雰囲気は絶対必要です。

NGワード

「わかるわかる」「私も同じ経験したよ」「私なんてもっとひどかったんだから」

分かった風に言われるのは気分が良くありません。励まされているというより、大したことないじゃないと上から目線で言われているようです。

また強い人というのは自分のタイミングで話すので、それまで核心に触れないようにしましょう。

明るく振る舞う友達には

凹んでいるのに周りに気遣いをして、明るく振る舞う人もいます。空元気な発言をしたり、「カラオケ行こう」などと自分から誘ってくることもありますね。そういう人はきっとさびしがり屋で独りになるのが嫌なのでしょう。独りでいるとますます凹んでしまうのかも知れません。

そんな空元気にはちゃんと乗っかってあげることにしましょう。嫌なことは一切口にせず、友達のやりたいことに付き合ってあげて下さい。何も言葉はなくても楽しいことは一杯あるのだと感じてもらうことで、励ましの代わりになります。

NGワード

「無理しなくていいよ」

泣きごとを言わず自分の胸の内にしまっているのですから、わざわざこういう言葉は言わないこと。ただしあまり無理してお酒を飲んだり、はしゃぎすぎているなら優しくストップをかけてあげましょう。

友達を励ましたい人へのアドバイス

友達が今どうしてほしいのかを察知することが大事です。人によって求めるものは違いますし臨機応変に対応しなければいけません。

どんな場合でも大事なことは、

  • 聞き役になってあげること
  • 同調してあげること
  • わざとらしい慰めをしないこと
  • いつもと同じような関係性でいること

ひどく凹んでいる友達を見て、戸惑うこともあると思いますがいつも通りのあなたでいて下さい。身構えたり良い事を言おうとするのではなく、寄り添うような気持ちで普通に接することが一番です。

おわりに

薄っぺらい言葉で励まされても何も響かないものですね。友達だからこそ、黙っていてくれるほうが気持ちが伝わることもあります。きっとあなたにしかしてあげられないことがあるはずですね。

(Photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130405114059 515e39bb50dc6

本記事は、2013年04月09日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る