\ フォローしてね /

寒さ対策は窓から!1000円くらいでできる断熱のコツ

お部屋の寒さ対策はどうしていますか?断熱の家がほしいといったところでどうにもならないあなたに、1000円以下でできる対策をご紹介します。

どれも100円ショップで手に入るものです。暖房を買い換える前に試してみてくださいね。

用意するもの

必要な道具は2つ

  • 両面テープ
  • プチプチ(梱包やストレス解消に使うアレです)

どうすればいいの?

STEP1:プチプチを切る

まずはプチプチを窓のガラス部分の大きさに合わせて切ります。ぴったりにするか、2~3mm余るくらいでもよいです。

窓鍵とかその他、器具が付いてるところはちゃんと切り抜いてください。忘れると残念なコトになります。

STEP2:窓の水分を乾かす

ドライヤーなどで窓を温めます。冷たいままだと次の工程で使う両面テープの付きが悪くなります。結露などの水滴も取り除いておくといいです。

ふきんなどで拭きとっただけだと水滴が残ります。ドライヤーで乾かすと貼ったあとに剥がれたりといったトラブルを防止できます。

STEP3:窓に両面テープを貼る

窓ガラスの縁に両面テープを貼っていきます。

テープの端5mm位を折り曲げて粘着面を貼りあわせておくと、保護シートを取り外すときめくりやすいです。

STEP4:プチプチを窓に貼って完成!

窓に隙間なく貼ったら完成です。

なんで暖かくなるの?

プチプチの中に含まれる空気がガラスと部屋の中の空気を遮って、熱が奪われるのを防ぎます。発泡スチロールが熱を通しづらいのと同じ原理ですね。ちなみにこれ、夏でも張りっぱなしで大丈夫なんです。外の熱気を遮断してくれるので、冷房が効きやすくなります。

実はこれ、東北に住む親戚から聞いたものなんです。極限の寒さから生まれた知恵というのはやはり頼りになります。

(image by 写真AC)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。