生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 大人の対応で!生理的に合わない人との接し方3つのコツ

大人の対応で!生理的に合わない人との接し方3つのコツ

2013年04月09日作成

 views

社会を生き抜く為にはたくさんの人と関わり接する必要があります。

しかしそんなたくさんの人達の中にはどうしても受け付けられない、苦手意識を強く感じてしまう「生理的に合わない人」も存在します。

関わらなければいい・・・では済まない関係性であると、嫌でも接しなければなりませんよね。

今回はそんな「生理的に合わない人」と上手く接するコツを紹介したいと思います。

目次

生理的に合わない人と接する心構え

顔や態度には出さない!

生理的に合わない人相手では、どうしても「嫌だな」という気持ちが顔や態度に出てしまいがちです。しかしそこは少し大人の対応が必要になります。

相手に顔や態度で不快感を表してしまう事で、相手ももちろんそれに気付くでしょう。そんな顔や態度を取られれば相手も不快に感じるのは言うまでもなく、その後の会話にも影響してしまいます。

生理的に合わない人とギクシャクして接するのは余計に疲れ、嫌な思いをする事になってしまい、結果的に自分で自分の首を絞めるはめになります。

そうならない為にも「顔や態度には出さない事」が心構えとしてとても重要な事です。

あくまでも相手に生理的に合わないと思っている事がバレないように接するようにしましょう。

生理的に合わない人と接するコツ

相手を観察しないで会話をする

生理的に合わないわけですから、相手の表情、動き、話し方全てを見れば見るほどに不快感は増えるはずです。

しかし嫌な人ほど人はよく観察してしまいます。怖いもの見たさに近い感覚ですが、それが一番の間違いなのです。

どんなに観察してもマイナスでしかないので、視線の先を一つに絞り、その周辺だけを見て下さい。上から下まで見る必要はありません。相手をあまり観察しないようにすると不快感を感じずに淡々と会話をする事が出来ます。

生理的に合わない相手を観察するのはやめましょう。

会話は必要最低限の内容にする

生理的に合わない相手との会話は長ければ長いほど苦痛に感じてしまうはずです。なので会話はできるだけ手短に最低限の内容にするのが一番です。

最低限の内容にする為にも必要以上に会話を否定したり、相手に突っかかるような事はしない方が良いです。

興味もないのに質問したりするのも話しが長引いてしまう原因になります。
最低限の会話が済んだら何らかの理由をつけてその場を離れるのが一番です。

「自分とは違うタイプ」と理解して接する

生理的に合わない事はもうどうする事も出来ません。貴方が変わる必要もなければ、相手に非があるわけでもないからです。

接していて「嫌だなぁ・・・」と思っても、それは相手のせいではないのです。つまり接しながら相手に不満を抱く事も気分を害すのも貴方の自分勝手でしかないのです。

相手がどんなに生理的に合わない人でも「この人はこういう人、自分には合わないけれど、それはこの人には関係のない事」と理解して接するようにしましょう。

「自分とは違う」と理解する事で仕方ない事だと思う事が出来、義務的だとしても自然に接する事が出来るはずです。

注意点

心構えとしても重要ですが、やはり接する中で相手に不快感を与えないように注意が必要です。

顔や態度だけでなく、会話でも「嫌だな」という気持ちが出てしまいやすいので、会話の中でも淡々と余計な事を言ったりしないように注意しましょう。

気に障る会話内容であっても上手にスルー出来るのがベストです。

おわりに

生理的に合わない人と円滑にコミュニケーションをしたい人へ

出来るだけ関わりたくないタイプである事は間違いありませんが、深入りしないで済むような「大人の対応」を心掛けましょう。

少し冷静に「大人な対応が出来てる自分は偉いなぁ」と心の中で自分で自分を褒めてしまって構いません。

必要以上に笑顔で接する必要も、不快感を示す必要もない事を頭に入れて接してみて下さい。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130404193511 515d575fc9937

本記事は、2013年04月09日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る