生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 万人受けするものを!お香典返しのギフト選びのポイント

万人受けするものを!お香典返しのギフト選びのポイント

2013年04月09日作成

 views

お葬式にお香典を包んでくださった方に、お礼の気持ちを込めて贈るお香典返し。贈る相手の年齢層が様々なので、何を贈れば良いのか悩んでしまいますよね。

そこで、著者が実践した「お香典返し選び」のポイントについて紹介したいと思います。

目次

生活の必需品!お香典返しに「洗濯洗剤詰め合わせ」を

選んだポイント1:誰もが必ず使うもの

せっかく贈ったお香典返しも、相手にとって不要なものなら意味がありませんよね。ですが、年齢層も性別も違う何人もの相手に、1人1人に合ったものを選ぶのは無理があります。

そこで著者は、誰もが必ず使うであろう生活必需品を選ぶことにしました。洗濯用洗剤なら、洗濯機で洋服を洗わない家庭はほぼ無いでしょうし、きっと、どこの家庭でも使ってもらえると思いました。

選んだポイント2:大きな趣味の違いがないもの

洗濯用の洗剤は、好みの違いといえば、「液体派か粉末派か」とか、「どのような香りか」というようなことくらいで、大きな趣味の違いがないかと思います。

万が一、相手の愛用している洗剤と違うものを贈ってしまったとしても、それほど相手が困るものでもないでしょう。

「普段は液体を使っているけど、せっかくだからしばらく粉末を使おう!」と、臨機応変に対応できるギフトです。また、香りの好みに関しても、「新しい香りを試せる!」と喜んでくれる方も多いです。

選んだポイント3:生活様式が違っても活用できるもの

例えば、食器用洗剤の詰め合わせを贈ったとします。相手の家庭が、食器洗い機を使っている家庭で、「手洗い用の洗剤なんか、ほとんど使わないのに・・・」ということになると、無駄になってしまいますよね。

その点、洗濯用洗剤は、洗濯機さえあれば、どこの家庭でも使えるものなので、安心して贈ることができます。

気をつけるべきマナー

お香典返しは、不幸ごとに対するお返しなので、なるべく消えてなくなるようなものを選ぶのがマナーです。石鹸や洗剤のような消耗品を選ぶように心がけましょう。

また、どのような品物を贈る際でも、お礼状は必ず添えるようにしましょう。

洗剤の詰め合わせを選ぶ時に注意すべきこと

洗剤をお香典返しギフトにする場合は、無難に使える洗濯用洗剤だけの詰め合わせなどにし、誰もが使うであろうものだけを詰め合わせた内容にしましょう。

著者はシミ抜きやパイプクリーナーなど、イロイロな種類の洗剤を詰め合わせたものをいただいた経験があるのですが、結局活用できることなく、無駄にしてしまった経験があります。

誰もが喜んでくれるギフトに!

お香典返しに、洗剤の詰め合わせを贈ったことで、相手は「普段使わないような種類の洗剤を試すことができてよかった」、「洗剤はいくらでも必要になるので助かった」など、とても喜んでくださいました。

悲しい思い出のギフトなので、後腐れなくキレイさっぱり使ってしまってもらえて、贈った側としても気持ちが良かったです。

おわりに

どこの家庭でも必需品である洗濯洗剤を贈り物にして、年代も性別も関係なく喜んでもらいましょう!この記事が、お香典返し選びに悩む方の参考になれば幸いです。

(Photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130406191423 515ff57f36505

本記事は、2013年04月09日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る