生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 泡立ちが大切!ボディタオルを選ぶ際のこだわりポイント

泡立ちが大切!ボディタオルを選ぶ際のこだわりポイント

2013年04月09日作成

 views

お気に入り

お風呂で体を洗うのに使用するボディタオル。価格も様々で、安いものなら100円程度で購入することもできます。

ですが、価格帯も品質もバラバラな商品だからこそ、こだわりを持って選びたいものですよね。そんなボディタオル選びの際、著者がこだわっているポイントについて、紹介したいと思います。

著者が持っているボディタオルについて

  • メーカー:キクロン
  • サイズ:28cmx100cm
  • 素材:ナイロン
  • 価格:約500円
  • 購入時期:約2年前

ボディタオルの選び方

ボディタオルはお肌に直接利用するものなので、品質にもこだわって選びたいものです。

ポイント1:泡立ちの良いもの

100均などで購入できるボディタオルは、価格は手頃ですが泡立ちがイマイチで、結局ボディソープを大量に使ってしまうことになり、節約になりません。エコの観点からも、イマイチです。

著者が愛用しているボディタオルは、泡立ちがよく、少量のボディソープでもフワフワの泡になるので気に入っています。

泡立ちの良いボディタオルは、タオルそのものの触り心地もふんわりしています。

ポイント2:柔らかいもの

男性などは特に、堅いボディタオルを好む人が多いですよね。堅いタオルのほうが、ゴシゴシこすっている感があって気持ちが良い、という方もいらっしゃるでしょう。

ですが、お肌はとってもデリケートなものです。ティッシュペーパー1枚程度の厚さしかないのです。傷つければ、皮膚トラブルの原因にもなりかねません。

そこで著者は、お肌に負担をかけずに洗えるくらい、ふんわり柔らかい素材のものを選ぶようにしています。

「柔らかめ」の表記のあるものを選びます。

ポイント3:丈夫なもの

せっかく安く購入しても、すぐにボロボロになってしまうのでは意味がありませんよね。著者は、ある程度の品質のあるもので、長く使える丈夫なものを選ぶようにしています。

著者が選んだキクロンのものは、大変丈夫で、家族5人で1枚のタオルを約2年間使っていますが、ほとんどヘタっていません。

おわりに

著者は、キクロンのボディタオルを大変気に入っているため、買い換える際も必ずキクロンの製品を選ぶようにしています。

価格は少し高めですが、品質がとても良く、柔らかい素材であるにも関わらず長く使えて丈夫なので、価格に見合った価値があると思います。価格だけでなく、品質も考慮して、長く愛用できるボディタオルに出会いましょう。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130406124844 515f9b1cefe75

本記事は、2013年04月09日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る