生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 彼氏を喜ばせちゃうメール術

彼氏を喜ばせちゃうメール術

2013年04月09日更新

 views

お気に入り

はじめに

付き合いはじめ、あるいは恋愛初心者だと、ついつい間違ったメールを彼氏に送って困惑させてしまうこともあるでしょう。しかし、本人は舞い上がっているのでそのことに気づくことができません。

メールひとつでも恋がうまくいったり、そうでなくなることもあるでしょう。コミュニケーションのひとつとして大事なメール。上手に利用して、彼氏とラブラブになってみましょう。

彼氏が喜ぶメールとは?

励ましメール

仕事やプライベートで疲れている、あるいは頑張っている彼なら、「今度、遊ぼうね」「頑張っててすごいね」と、励ましたり褒めたりするメールを送りましょう。 意外と弱音をはく男性って多いですよね。そういう彼氏を優しく励ましてあげると、喜ばれますよ。

返信が速い

返信の速さは相手への想いの強さのバロメーターではないでしょうか。付き合いはじめは何通も一日にやりとりをして、返信の速さもお互いに速かったはずです。

次第に彼氏からの返信は遅くなってくるかもしれませんが、相手のメールにはできる限り速く返信してあげると喜んでもらえると思います。

彼氏が嫌がるメールとは?

意味がまったくないメール

内容がない、意味のまったくないメールはもらった彼氏も困惑してしまいます。実際に会って雑談するなら意味のないことでもいいでしょう。

意味がないメールでも、おはようおやすみメールぐらいは許されるでしょう。

やたら写真が添付されているメール

「可愛いから」と目についた可愛いものを写真にとって頻繁にメールに添付したりするのはなるべく避けたほうがいいでしょう。

意味もなく自分の写真を送りつけるのも問題ですね。もちろん、相手から「ちょうだい!」と言われたらいいのですが、勝手に送り付けると「?」ということになります。

返信を催促するメール

男性はメールが遅い、返信がない場合も多々あります。かといって、しつこく「返信してよ!」と催促するとかえって逆効果です。

忙しい、疲れているなど、返信できない理由があるはずなので、催促しても煙たがれるだけです。

毎日たくさん送られてくるメール

一方的に毎日常識的では考えられない数のメールを送るのはやめましょう。メールのやりとりをしていてついつい数が多くなってしまう場合は問題ありません。 しかし、返信もないのにたくさんメールを送りつけると男性は嫌気がさします。

常識的ではない時間に送られてくるメール

早朝、真夜中など、メールを送るのには常識的ではない時間に送信するのは避けましょう。相手が眠っていたら、眠りを妨げてしまうことになります。 相手が問題なく受け取れる時間帯を考えてあげる思いやりが大事です。

今どこでなにしてるの?という束縛メール

「今、どこでなにしてるの?」という束縛メールを送るのはよしましょう。もしあなたがされたら嬉しいですか?嫌ですよね。

こちらに深い意味がなくて、ただ気になったから…。という気持ちで送っても、もらった彼氏は負担に感じるはずです。

彼氏にメールする時の注意点

彼氏だとつい甘えてしまい、感情が突っ走ってしまいます。しかし、そこでブレーキを踏んでください。 彼氏といえど、他人にかわりはありません。友人や知人にメールを送る時に気をつける点があれば、それは彼氏に対しても気をつけてみましょう。 相手を不快にさせないメールを心がけることが大事です。

彼氏とのメールに悩みを抱く読者へアドバイス

メールだけにこだわり過ぎる必要はありません。メールはあくまで通信手段のひとつです。 実際に彼と会って時間を過ごすことが大事です。会えない時、寂しい時はついついメールにすがりついてしまいますが、自制心を持つことも大事です。

相手のメールにきちんと対応する、ぐらいの気持ちでいたほうがいいと思います。

メールにこだわり、返信を待ち続けるとこちらが疲れてしまいます。上手にメールを利用して、彼と良い関係を築いてくださいね。

おわりに

メールはいつでも出せるものなので、ついつい気軽に出してしまったり、相手の返信を気にし過ぎたりすると思います。

メールのチェックをするのは一日何回、と決めておくのもいいかもしれませんよ。

相手からのメールには丁寧に文章を書いて、明るいメールを送るように心がけてみてくださいね。

(Photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130404102240 515cd5e033397

本記事は、2013年04月09日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る