生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 山芋とオイルサーディンの冷製パスタの作り方

山芋とオイルサーディンの冷製パスタの作り方

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

短時間で本格冷製パスタ

山芋とオイルサーディンを使用した、あっさりとしているけど、旨味たっぷりの我が家の定番レシピをご紹介します。

用意するもの

使用する食材(2人分)

  • バター…ひとかけ
  • 山芋…100gほど
  • スパゲティー(1.6mm)…140g
  • オイルサーディン…1缶(缶つまさんのがオススメです)
スパゲティーは細めのほうが味が絡んで美味しいです。

使用する調味料(2人分)

  • 塩…10g
  • 七味唐辛子…1振り
  • 醤油…大さじ3杯
  • 味の素…ひとつまみ

調理方法

STEP1:材料の下準備

バターひとかけ、山芋は短冊切りにし、オイルサーディンは後にからめてほぐされるので、そのまま開封しておきます。

STEP2:山芋とオイルサーディンを炒める

バターを軽くとかしてから、オイルサーディンのオイルをバターと半分の割合でフライパンに入れ、山芋とオイルサーディンを1分程軽く炒めます。

最初に弱火で軽く(1分程)いためてから中火にして(2分程)焼きめをつけてあげると仕上がりがとっても綺麗に出来上がります

STEP3:パスタを茹でる

くっつかないように気をつけて、スパゲティーを規定の時間よりも長めに茹でていきます。濃い味がお好みの方は、大さじ1杯のお塩を加えて茹でます。

パスタを茹でる時の火加減は沸騰するまでは強火で、沸騰してからは中火でゆでるとこしがのこり歯ごたえのある食感になります。

後に水でしめていくので、規定時感より1分程長めに茹でるのがポイントです。

STEP4:完成

あら熱がとれるのを待ち、その後冷水で冷やして、炒めた長芋とオイルサーディンを加えて、醤油・塩・味の素・七味を加えて出来上がりです。

おわりに

オイルサーディンさえあれば他の具材でも、美味しく出来るので我が家では常にストックをしています。夏場にはトマトをあわせたレシピが大人気です。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130404104718 515cdba671e65
  • 20130404104838 515cdbf651d23
  • 20130404105034 515cdc6abfb09
  • 20130404105237 515cdce5aed77
  • 20130404105406 515cdd3eca04a
  • 20130404105552 515cdda8f3a64
  • 20130404105801 515cde29c5740

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る