\ フォローしてね /

観葉植物の水のやり方

観葉植物を育てる際、放置しすぎて枯らしてしまうケースよりも、水をあげすぎて根腐れさせてしまうケースのほうが多いそうです。

水をあげすぎて根腐れしてしまうケースが多い

これはとても悲しいですね。

観葉植物は水のやり方と頻度をチェックすること

この記事はパキラの育て方、水のやり方を例にします。

1:葉っぱの汚れを取る

濡れぞうきんで葉の表裏をサッと拭きます。水分も補給されるので、水やりの回数も多少減らせます。

葉っぱの汚れは日頃からこまめに落としてやりましょう。汚れているとうまく光合成ができず、成長を妨げる一因となってしまいます。

2:枯れた葉っぱを切る・ちぎる

枯れた葉は手でむしるか、ハサミでカットします。

葉っぱの先は枯れていても 付け根は生きていることもあるので、強引にむしらないようにしましょう!

3:水やりは屋外かお風呂場で

毎日コップ1杯の水をあげる・・・のはNG!土が乾いたら一気にたくさんの水をあげる、が基本です。

受け皿に水がたまったまま放置するのも根腐れの原因になるのでNGです。水やりは、水が流せる屋外かお風呂場で行いましょう。

4:たっぷりとあげましょう

水をあげるときは鉢底から溢れるほどたっぷりと。余分な水が抜けきったら元の設置場所へ戻します。

水をやってから1時間程で余分な水が抜けます。

おまけ

水やりと同じく大切なのが観葉植物の設置場所。これは種類によって異なるので、購入時にお店の人に注意点などを確認しておきましょう!

補足

パキラの場合だと、水をあげるのは週に1回になります。植物によってあげなければいけない回数や量が違うのでよくチェックしましょう!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。