生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. どきどき初デートのハウツー

どきどき初デートのハウツー

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

気になるあの子を誘ったのはいいけれど…初めてのデートは緊張します。どこへ連れて行ってあげればいいのか、どんな店で食事をすればいいのか、時間帯は、服装は…気にし始めるとあれもこれも気になって、どうしようもありません。

そんな男性諸君に、ちょっとおせっかいをやかせていただきましょう。

初デートのコツ

女性はどんな初デートを望んでいるのか

実際、「女性はどんなところへ行き、どんなものを食べて…」なんてことはあまり意識していないはずです。貴方がどういう人なのかをきちんと見極めるということが、第一の目的なのですから。

極端に言えば、公園を散歩するという、それだけでもいいのです。ただ、恋愛初心者の場合、それだけでは間が持ちません。それなりのシチュエーションでなければ、相手を退屈させるだけで失敗に終わる確立が高くなることでしょう。

行く先は「遊園地」

初デートの場合、おすすめのスポットは「遊園地」です。

ドライブはいきなり密室に二人きりになりますので、気まずいです。

映画館はせっかく二人でいるのに、話ができません。

その点、遊園地は会話の材料がなくてもアトラクションという強い味方がいますので、言葉はなくともコミュニケーションを取ることはできます。

気分も昂揚するでしょうから、互いに打ち解けるのも早く、2人の距離が近づくのも間違いありません。遊園地でお互い童心に戻りましょう!

相手を知る方法

本質を知る方法

人間というものは、食事のときにその人の本質が見えてくるものです。

  • 「いただきます」「ごちそうさま」をきちんと言えているか
  • 出てきたものを、美味しそうに食べているか
  • 残さずきちんと平らげるか

貴方は彼女のそういったところをきちんと見極めましょう。これは、躾けの部分です。躾けのできていない人と付き合い始めると、後は失望が待っているだけです。

好みを知り、且つ次回につなげる方法

また、食事をしているときはとてもリラックスした状態になります。こういうときに、彼女の好きなものをさり気無く聞くのです。

レストランのBGMを話題にして、好きな音楽のことを尋ねることもできるでしょう。そしてそこから、自分との共通点を見つけていけば、会話も自然と盛り上がっていきます。そうして好みを聞いていくにつれ、相手の性格も徐々につかめてくるはずです。

そして、食後のデザートが来たとき、そこが次の約束を取り付けるチャンスです。

食事のときに、彼女をしっかりと観察し、話を盛り上げましょう。

初デートの注意点

彼女目線で考える

心構えとして「こういうところへ連れて行ってあげたい」ではなく、「どこへ連れて行ってあげれば、喜んでくれるだろう」です。

自分をアピールすることを考えるのではなく、あくまでも彼女を引き立てることを考えましょう。格好をつけるのはよくありません。

注意しておくこと

下記の点を注意して、彼女をエスコートしてあげてください。

  • どこかへ入るときには、ドアを開けて先に彼女を入れてあげる
  • 何かを決めるときには、まず彼女の意見を聞く。その上で貴方が決断
  • 常に、彼女の表情を気にかけておく
  • 女性の「大丈夫」は、大丈夫でないことが多い
女性が求めるものは、優しさと気遣いです。

筆者からのアドバイス

思ったことをちゃんと口にだそう

女性は、分かっているけれどきちんと言葉にして伝えてほしいと思っています。ですから、服装のことや髪型のことなど、かわいいと思ったらそれを素直に口にして褒めてあげてください。

彼女の話を引き出そう

そして、常に彼女から会話を引き出すことです。自分の話ばかりしてはなりません。遊園地だと、比較的しゃべりやすい雰囲気になります。いつもより、頑張れるはずです。

おわりに

いかがでしたか? とにかく初デートというものは、貴方もそうでしょうが、彼女のほうも緊張しているのです。

どんなものを着ていけばいいのか、お洒落にも気を使っています。貴方のために、わざわざ時間を作ってお化粧までしてやって来てくれるのです。ですから、貴方はそれに対してしっかりと応えなければなりません。

髪をとかし、清潔感のある装いにし、洗いたてのスニーカーを履いて出かけましょう。

明日、世界が終わりを迎えるような大げさな気持ちを持って、彼女を喜ばせてあげてください。話すことがなくとも、貴方の一生懸命なところが伝わればきっといい結果になることでしょう。

自分の誠意を全身全霊で伝えることが大切です!

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130330111402 51564a6aa5647

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る