\ フォローしてね /

忘れがちな部分もしっかり清潔に!炊飯器の掃除方法

このライフレシピのもくじたたむ

せっかく炊くお米ですから、清潔な炊飯器で美味しく炊きたいですね。意外とバラになるところが多いので、直し方を忘れないように掃除してください。

用意するもの

  • クエン酸
  • お掃除クロス
  • 食器洗剤

炊飯器の掃除方法

必ず電気コードは抜いてから掃除してください。

STEP1:蓋を外す

本体と蓋は別になっていますので、蓋は外してください。

STEP2 蓋もバラにする

蓋の内側、内側に付いているゴム、蓋の上にある蒸気が出るところは全てバラバラにします。

STEP3:バラにした蓋類を洗う

バラにした蓋類は水洗いができるので、食器用洗剤を使って洗います。忘れがちな蓋に付いているゴムの内側もしっかり洗いましょう。

放っておくととても汚れがたまりやすいので、必ずゴムの部分は丁寧に洗いましょう。

STEP4:本体はクエン酸で洗う

本体は水洗いできませんし、食品を作る物なので安全なクエン酸で、クロスを使って汚れを落としていきます。

水200mlにクエン酸を5g入れて溶かしたら、クロスに染み込ませ、全体を拭いていきます。

指が入らない狭いところは「割り箸」や「つまようじ」を使って掃除します。

本体は掃除が終わったら全体を水拭きし、蓋やバラにした小物は、ペーパータオルなどで拭いて、完全に乾燥させて組み立ててください。

組み立てるときも、電気コードは抜いておいてください。

おわりに

著者は炊飯器のご飯がなくなったら、狭いところと、蓋の内側・ゴムは毎日洗っています。

かなり年期の入った炊飯器ですが、お手入れする事で部品が劣化することもなく、気持ちよくご飯が炊けていますよ。

是非!1週間に1度でもいいので、掃除してみてください。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。