生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 中学「英語」文法の感嘆文のポイント

中学「英語」文法の感嘆文のポイント

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

感嘆文とは驚きや感動を表す文章です。「なんて○○なんだろう!」という文章です。ここでは、英語での感嘆文の作成方法について説明します。

感嘆文のポイント

ポイント1:感嘆文の種類

感嘆文は大きく分けて、「What」ではじまるか、「How」ではじまるかの2種類にわかれます。

以下の様な文章があります。

He is a very tall boy.(彼は背が高い少年だ)

これを感嘆文にすると以下のようになります。

What a tall boy he is!

How tall he is!

感嘆文ではveryは使いません。また、最後に「!」をかならずつけてください。

ポイント2:howで始まる感嘆文

まず、howで始まる感嘆文から説明します。

語順は「How+形容詞(副詞)+主語+動詞!」です。

上記の例文も、How+tall(形容詞)+ he(主語) +is(動詞)となっています。

ポイント3:whatで始まる感嘆文

続いて、whatで始まる感嘆文を説明します。

語順は「What+a(an)+形容詞+名詞+主語+動詞!」です。

ココでポイントを一つ説明します。

形容詞+名詞を強調する場合、What~の場合、となります。how~では形容詞のみ、もしくは副詞を強調します。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

基本的な文例を説明しましたが、主語と動詞を省く場合もあります。

その場合は、「How tall!」、「What a tall boy!」となります。

まずは基本の形をしっかり覚えましょう!

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130403221931 515c2c63201cd

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る