生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. センサー付き電球が便利!室内センサーライトを選ぶポイント

センサー付き電球が便利!室内センサーライトを選ぶポイント

2013年04月06日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

以前はセンサーライトを使うときは照明器具ごと買い替えなければいけませんでしたが、最近便利なセンサーライトを見つけましたので紹介します。

著者が持っている室内センサーライトについて

  • メーカー:RITEX
  • 価格:1800円
  • 購入時期:2013年3月
  • スペック:電球自体にセンサーが付いている

室内センサーライトの選び方

ポイント1:センサー付き電球

この商品は電球自体にセンサーが付いています。なので特別な照明器具を購入しなくても、従来のソケットにこの電球を差し込むだけで、センサーライトとして利用することができます。

センサーの感度も充分なものなので、これから新たにセンサーライトを購入されるという方にはぜひオススメします。

電球を覆うフードがある場所ではうまく機能しません。また設置できない場所もありますので、購入前にご確認ください。

ポイント2:LED電球

新規に購入されるのであれば、省エネ効果の高いLED電球を使用したものをオススメします。

価格は少し割高ですが、一般的な白熱電球と比べると消費電力は1/7程度、電球自体の寿命も長いので、価格を補って余りある性能だと思います。

ポイント3:昼白色、電球色を選べる

写真は昼白色のものですが、この他にも電球色のタイプも選べます。使用する場所によって変えてもいいですし、昼白色が苦手という方もいるので好みで選んでもかまいません。

どちらを選ぶかで部屋の雰囲気もかなり変わりますので、雰囲気を変えたくない場合は、それまで使用していたものと同じタイプのものを選びましょう。

おわりに

玄関や階段など、今までセンサーライトが欲しかったのですが、新たに照明装置を購入したり、配線の手間などを考えて敬遠していました。

このセンサー付きの電球なら、現在の照明設備がそのままセンサーライトに早変わりするので、無駄なものを買わずにすんで便利です。

センサーの感度も著者が使用している分には問題なく使えていますので、センサーライトの購入を検討されている方にはぜひともオススメします。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130404112852 515ce564c861c

本記事は、2013年04月06日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る