生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 早起きに慣れて朝ジョギングを続ける方法

早起きに慣れて朝ジョギングを続ける方法

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

半年ほど前から、朝にジョギングをしています。それまでは仕事終わってから夜に走っていましたが、疲れた身体にさらに鞭打つのはよくないと思ったのと、自分次第で時間が作りやすいこともあり、朝に切り替えました。

朝走ることの一番のネックは、普段より早く起きるということ。特に始めたばかりは、いつもと違う時間帯での活動に身体がついていかないばかりか、精神的な負担もかなりのものです。そこで、朝の目覚めをポイントに、ジョギングを続ける方法をお教えします。

朝ジョギングを始める前に

寝る前に準備をしておく

当たり前ですが、早く寝ないと朝早くには起きれません。早く寝るということは、夜ダラダラと時間を過ごさないということです。自分の時間の使い方を見直すチャンスだと思い、積極的に布団に入りましょう。

また、枕元にジョギングする際に着るスポーツウェアのみを置いておきます。朝起きて、それしか着れない状態にしておけば、自然とジョギングに行かざるを得なくなります。

起きたらチョコレートを食べる

部屋のカーテンは薄手のものにして朝日を浴びるようにします。朝日を浴びることで体内時計がリセットされ、徐々に身体が決まった時間に起きることを覚えていきます。

また、寝起きに水を一杯飲むことで目を覚ます方法があります。もう少し踏み込んでチョコレートを1カケラ口に含むのもおすすめです。カロリーが脳に作用して、短時間で目が覚めます。

まずはウォーキングから

体をよくほぐして思いっきり深呼吸した後、まずはウォーキングから始めます。約10分歩き、次の5分は軽く走ります。これを1セットとし、4セットこなせば約1時間、個人差はあれど約5キロほどの走行距離となります。

15分間の「歩くと走る」の比率を調整しながら、徐々に走行距離を延ばしていきましょう。

朝ジョギングを続けるコツ

頑張らない

ジョギングする目的はそれぞれですが、始めのうちは頑張らないようにしましょう。最初はウォーキングを30分程度でも十分です。徐々に距離を伸ばし、歩く→走るを交互に繰り返しながら身体を慣らしていきましょう。

朝を楽しむ

目的をジョギングだけに絞らずに、様々なことに挑戦してみましょう。例えばデジカメを持って写真を撮る、朝一の焼きたてパンを買いに行くなど、朝にしかできない楽しみを見つけましょう。

スマホを最大限に利用する

朝ジョギングにとってスマホは非常に便利なアイテムです。朝の目覚ましから、GPSを利用して走行距離を記録したり、写真を撮ってSNSに投稿など、1台で何役もこなします。

おわりに

朝日を浴びながらのジョギングは何にも代えられない開放感があります。朝の目覚めさえ克服すれば、どんな方でも楽しめる朝ジョギングを堪能してください。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131126144846 5294363e8cabf

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る