\ フォローしてね /

ただのゲーム好きとは違う?「ネトゲ廃人」の意味と使い方

2010年新語・流行語にノミネートされた「ネトゲ廃人」の意味と使い方について解説します。

「ネトゲ廃人」の意味

「ネトゲ廃人」とは、パソコンのオンラインゲーム(ネットゲーム=ネトゲ)に重度にのめりこみ、正常な社会生活を送れなくなっている状態の人間のことを意味します。

ネトゲ廃人の生まれる背景として、以下の3点が挙げられます。

  • 一般的にネトゲは、キャラクターに経験値を稼がせてレベルアップしたり、レアアイテムをそろえたりするのに、膨大な時間と労力がかかる。
  • ネトゲでは、従来のゲームと異なり、他のプレイヤーとコミュニケーションをとることができるため、現実世界では孤独な人間が、他者との関わりを求めてネトゲに依存する傾向がある。
  • 現実社会において挫折感を味わうことの多い人間が、ネトゲではヒーローになれることに達成感・恍惚感を味わい、ネトゲに依存してしまう。

中国や韓国では、10代・20代の若者が寝食を忘れてネトゲにはまった結果、過労死したという衝撃的な事件が起きています。

日本ではまだそこまで深刻化していないものの、会社や学校に行かない「ネトゲ廃人」がメディアでたびたび紹介され、一種の社会問題と化しています。

「ネトゲ廃人」の使い方

一般的に、長時間ネトゲにはまっている程度では、「ネトゲ廃人」とは呼びません。

ネトゲに長時間費やした結果、日常生活に何らかの支障をきたす状態になってはじめて「ネトゲ廃人」ということになります。

たとえば、一日中ひきこもってネトゲに熱中し、学校や会社に行かない。主婦であれば、家事をしないという状態が「ネトゲ廃人」といえます。

また、多くのネトゲでは課金システムがとられていますが、ネトゲの料金が家計を圧迫するような状態もまた「ネトゲ廃人」といえるでしょう。

おわりに

いかがでしょう。「ネトゲ廃人」の意味と使い方についてご理解いただけたでしょうか。

当記事が現代用語の理解の一助になれば幸いです。

(image by 足成)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。