生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. ビジネスマンの常識!ビジネス能力検定(3級)の勉強方法

ビジネスマンの常識!ビジネス能力検定(3級)の勉強方法

2013年04月05日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

著書は平成24年7月1日に、ビジネス能力検定の3級を受験し、合格しました。その時の経験を元に勉強法をご説明します。

  • 試験日:平成24年7月1日
  • 勉強期間:約2週間、1日30分
  • 試験形式:全て選択式で90分

用意するもの

テキストとして、2012年版 ビジネス能力検定3級テキストを購入、勉強しました。

また、過去問はビジネス能力検定の公式サイトに掲載されている過去問も活用しました。

勉強方法

STEP1:問題の分析

過去問をざっと見て、どのような問題が出ているか見てみましょう。

3級の場合は全て選択式で、用語の意味を問うもの、ケーススタディ(事例を元に適切な行動を選ぶもの)にわかれています。

STEP2:テキストを解こう

上記のテキストを読みながら、解いていきましょう。

わからない用語があった場合には、Googleで検索するなどしてその意味をきっちり把握しましょう。

ケーススタディでは、自分ならどうするか?先輩社員はどうしているか?と考えてみると、自然と答えは見えてきます。

STEP3:過去問を解こう

ある程度勉強したら、過去問を解きましょう。

過去問には答えが載っていますが、解説は載っていません。用語問題はGoogle検索で、ケーススタディは周囲の先輩に聞いてみるなどしてなぜその選択肢が正解か突き詰めるようにしましょう。

著者は、過去問は数回分だけ勉強しました。社会人経験のある方ならそれで十分だと思います(逆に言うと、社会人にとっては簡単な問題です)。

特に難しい問題もなく、ほぼ全問正解でした。唯一間違えたのは、「正しくないもの」を選ぶ問題で、正しい答えを選んでしまっただけで、これは問題文を注意深く読むことで解決しました。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

3級はこれから社会人になる人、新人社員を対象としていますので社会人にとって最低限必要な知識が問われると言えます。

著者は十数年社会人として働いていますが、この勉強法で当日は間違いなく合格できるという手応えを得ることが出来ました(社会人経験が4,5年ある方なら同様だと思います)。

ビジネスマンとしてはしっかりと合格したいところです。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130331203523 51581f7b8684e

本記事は、2013年04月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る