\ フォローしてね /

アルバイトする前に覚えておこう!居酒屋業界の業界用語10選

このライフレシピのもくじたたむ

居酒屋でのアルバイトは、和気藹々としていてとても楽しいものです。

筆者は学生時代に約4年間、アルバイトとしてホール・接客業務全般を担当していました。

バイト仲間が使う業界用語を予習しておくと、お店が忙しくなってきた時などに仲間の言う事がサッと理解出来て、いちいち聞き直す事もなく、仕事の効率がアップして、更に楽しく働く事が出来ますよ。

居酒屋業界の用語解説

1:ヤマ

  • 意味:メニュー商品が品切れになった事
  • 使い方:「豆腐ヤマったから誰か買ってきて!」

この用語の由来は、「ヤマほど売れて売り切れた」からだとか、山の頂上には何もないからではないかなどと諸説あります。

1つの商品が1日に予想以上に注文されると起こる現象で、あまりに多いと発注担当者が叱られます。

2:借り物

  • 意味:近隣店舗に足りない食材や商品を借りる事
  • 使い方:「チリソース切らしてるから○○店に借り物してきて!」

この用語の由来は「借りてこなければいけない物を借りてくる」で、その文章を短縮しただけです。

朝、お店を開けた時に足りない食材や商品に気付き、使われる事が多いです。

3:リセット

  • 意味:お客様の帰ったテーブルを元通りに片付ける事
  • 使い方:「3番卓、次のお客様来る前にリセットしておいて!」

この用語の由来は、言葉そのまま「元に戻す、ゼロの状態にする」を英語にしただけです。

1日にリセットした数が覚え切れないほど忙しいと働きがいがあります。

4:ラウンド

  • 意味:手が空いた時にお客様のテーブルを回りサービスをする事
  • 使い方:「手が空いてるなら全卓ラウンドしてきて!」

この用語の由来は、「回ってサービスする事」を意味するラウンドサービスという言葉を短縮したものです。

ラウンドをしないとお客様のテーブルが空いたグラスやお皿でいっぱいになって窮屈になってしまいます。

5:ワンモア

  • 意味:お客様のテーブルを回りお代わりの品の注文を取ってくる事
  • 使い方:「2番卓のお客様、グラス空いてるからワンモアしてきて!」

この用語の由来は、「もう一回注文お願いします!」を英訳したワンモアプリーズの短縮系です。

ワンモア成功率の高い人は接客のレベルも高いです。

6:チップ

  • 意味:お客様に出したグラスや皿が欠けていた事
  • 使い方:「チップを出さないように、商品提供者はよくチェックしてから運んでください」

この用語の由来は、「欠ける」を英訳したものです。

「お客様からチップをもらった」のチップとは意味が違うので気をつけてください。

7:ライン

  • 意味:その日のシフトに入っている人数を表す時に使う言葉
  • 使い方:「今日、○○ちゃん来られないからライン1本減るけど頑張ろう!」

この用語の由来は、「線」を英訳したものです。

居酒屋業界では従業員の人数を1本2本というふうに数えます。

8:兄貴・弟

  • 意味:食材の消費期限が早い方が兄貴で遅い方が弟
  • 使い方:「ちゃんと兄貴から使ってね」

この用語の由来は、消費期限が早い方が先に生まれたから兄貴、消費期限が遅い方は後から生まれたから弟という考え方です。

ちゃんと兄貴から使わないと、消費期限の切れた兄貴が廃棄される事になってしまい、可哀想です。

9:コケる

  • 意味:バイトが当日に事故や病気で来られなくなる事
  • 使い方:「○○コケたから今日は大変だー」

この用語の由来は、当日欠勤を「転んでコケたから」と可愛く表現したものだと思われます。

当日欠勤はお店に大変迷惑がかかりますので、コケないように気をつけましょう。

10:ショッカー

  • 意味:覆面調査員の事
  • 使い方:「○月×日、ショッカーが入店してたらしい…」

この用語の由来は、覆面調査の事をミステリーショッパーと言うのですが、そのショッパーが何故かショッカーになってしまった事から来ています。

ショッカーを意識して良い接客をするのではなく、いつも誰にでも良い接客をしましょう。
勤務中にショッカー探しをしてはいけません。

おわりに

居酒屋業界用語は語感がユニークなものが多いので、楽しく覚えられると思います。

最初は聞き慣れなくても、すぐに慣れて、気付けば普通に使えるようになっているでしょう。この用語を予習して、楽しく元気に働いてくださいね!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。