生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 初心者でもできる!はじめてのネットオークション副業の体験談

初心者でもできる!はじめてのネットオークション副業の体験談

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

ネットオークションって、なんとなく難しそう・・・。そう思われる方も多いと思いますが、意外と簡単に、気軽に始められます。コツをつかんで、仕入れゼロでもしっかりお小遣いを稼ぎましょう。

著者のネットオークション歴

著者のネットオークション歴は、2013年3月現在で2年2か月になります。はじめたきっかけは、年末の大掃除でいらなくなったものを処分することになり、比較的状態の良いものをオークション出品してみようと思ったことでした。

登録しているオークションサイトとその特徴

登録しているのは、ヤフーオークションです。日本最大のオークションサイトで、「オークションと言えば・・・。」と思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。参加料金は月額の会費が399円で出品は最低税抜き10円~可能です。月額の出品手数料が10回までは無料です。

他オプションで出品物を目立たせるなどをすると追加で料金が掛かります。落札手数料は落札価格x5%です。

会員登録にはヤフージャパンのIDが必要ですが、ID取得自体は無料です。
イーバンク・ジャパンネット銀行などのオフィシャルバンク口座を開設しているか、各クレジットカードを持っている必要があります。

また出品の前に郵送による本人確認が必要で、ハガキの受け取り時に身分証の提示が必要になります。

参考サイト:ヤフーオークション

ネットオークションによる副業の具体的な手順と詳細

何を出品するのか

オークション初心者であれば、まずは家の中を見渡して、自分が必要でないものでかつ市場価値がありそうなものを探しで見ましょう。比較的状態の良い本などは、始めるにあたりハードルが低く、売れやすいものです。

落札と納品までの流れ

オークションサイトで、商品を出品する際、写真を載せるかどうかは出品者が選ぶことができます。確実に落札して欲しい、少しでも高値で売りたい場合などは、写真を載せることをおすすめします。落札する側にとっても、少しでも情報が多いほうが落札しやすいからです。

落札されたら、落札者に連絡します。連絡は、サイト内の「取引ナビ」を使います。ここで、出品者情報(住所、氏名、電話番号、振り込みの場合は振込先口座など)と、商品の発送方法などについて知らせます。

落札者から折り返し連絡があり、落札者情報(住所、氏名、電話番号、支払方法など)を確認します。ほとんどの場合、入金があってから発送という形をとっている方が大半です。商品を送ったのに、入金がないというトラブルを未然に防ぐためです。

無事、入金が確認されたら、商品を発送します。

ここで大切なのが、迅速な対応です。入金したのになかなか商品が送って来ない・・・となると、信用問題につながりますので、出来るだけ早く発送しましょう。

商品を発送したら、その旨連絡します。商品が無事、落札者に届いたら、到着連絡をお願いすることを忘れずに。落札者から、無事商品到着の連絡が届いたら、ネットオークションの一連の流れは終了です。

どれくらい稼げるか?

ネットオークションの良いところは、現金化が早いところです。即日入金をしてくれる方も多いので、著者の場合、毎月平均で2万円ほどをオークションで稼いでいます。金額は副業レベルを脱しませんが、仕入れがないので送料とサイトに支払う手数料・会費を除けば、丸ごと利益です。報酬を現金以外(ポイントなど)でもらったことは、これまでありません。

ネットオークションに向いている人

とにかく、マメであること。顔が見えない世界なだけに、信用がすべてです。梱包が丁寧であること、傷や汚れがあることを事前にきちんと伝えていること、対応が迅速であることなど、相手の立場に立って取引ができる人は向いていると思います。

これからやってみようという方へのアドバイス

まずは、家にあるもので必要なくなったものから始めてみましょう。自分では不用品と思っていたものが、思わぬ値段で売れるかもしれません。回数をこなすうちに慣れてきて、自分なりのオークションのやり方を見つけられると楽しくなってきます。

おわりに

いかがでしたか。ネット環境やスマホが普及し、これからますます増えると思われるネットオークション。ちょっとしたお小遣い稼ぎに、是非始めてみてくださいね。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130331214518 51582fde12e5c

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る