生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 余ったバナナで簡単!おいしいマフィンの作り方

余ったバナナで簡単!おいしいマフィンの作り方

2013年11月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

今回は、ベーキングで簡単にできる、皮が黒くなってきたバナナをうまく使ったマフィンのレシピを紹介いたします。朝食やおやつにいかがでしょうか。

必要なもの(6人分orマフィン型大6個分)

道具

  • マフィントレイ
  • オーブン
  • オイルスプレー(オイルを布かキッチンタオルに浸して使用してもOK)
  • ボウル(大)
  • ボウル(小)
  • 木のへらや大き目のスプーン(ハンドミキサーでもOK)
  • 軽量スプーン

材料

  • バター…70g
  • たまご…大2個
  • バナナ…皮が黒くなっているもの大3本
  • バニラエッセンス…小さじ2杯
  • ベーキングソーダ…小さじ1杯
  • ベーキングパウダー…小さじ1杯半
  • 牛乳…50cc
  • 砂糖…100g
  • 小麦粉…1と1/2カップ
  • 粉砂糖…適量
バターと卵は常温に戻しておいて下さい。

作り方(調理時間:約45分)

事前にオーブンを180度にセットしておきます。

STEP1:クリーミングする

大きめのボウルに常温のバター、砂糖、バニラエッセンスを入れ、木のへらでしっかりと混ぜ合わせます。ハンドミキサーがあればそれちらを使ってください。

混ぜる前はバターの黄色っぽい色からのスタートですが、混ぜていく中で、少し白っぽいクリーム色になります。

STEP2:卵を加える

溶き卵をいれ、更に混ぜます。混ぜ終えたら、このボウルは一旦隅に置いておきます。

STEP3:ベーキングソーダをミルクに入れ混ぜる

別のボウル(小)を用意し、牛乳とベーキングソーダを入れ、しっかりと混ぜ合わせておきます。

STEP4:バナナの投入と粉系をふるいにかける

一口サイズにつぶしたバナナを入れてから、小麦粉、ベーキングパウダーをふるいにかけながらボウルに入れます。

この時点ではまだ混ぜません。

STEP5:ベーキングソーダミルクを投入

STEP3の牛乳とベーキングソーダを混ぜたものをSTEP2のボウルへ加え、ざっくりと混ぜます。

ざっくりと混ぜるようにします。混ぜすぎると固くなってしまうので注意して下さい。

STEP6:マフィン型にオイルをスプレーする

マフィントレイにオイルをぬっておきます。

STEP7:マフィン生地をトレイに入れる

STEP7で用意したトレイに、STEP5で作ったものをトレイの8分目に入れます。

STEP8:オーブンで30分ほど焼く

お箸などで真ん中を刺し、ドロっとしたものが出てこなければマフィンの完成です。食べるにはまだ熱いので、これから冷ましていきます。

各家庭のオーブンにより、調理時間が異なる可能性があります。中身がしっかりと焼きあがるまで調理してください。

STEP9:冷ます

オーブンから出し、10分ほどそのままで冷まします。その後は網があればベストですが、なければお皿にのせて更に冷まします。粉砂糖を上からかけて完成です!

さいごに

このマフィンは基本のものなので、チョコが好きな方はチョコレートを入れたり、ココナッツの粉を入れてみたりとアレンジ可能です。楽しくおいしいベーキングライフを楽しんで下さいね。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130320085515 5148fae3a8ab4
  • 20130320085639 5148fb3702734
  • 20130320085757 5148fb85ec3a9
  • 20130320092149 5149011d95c9d
  • 20130320090127 5148fc57a5b97
  • 20130320092312 51490170b060c
  • 20130320092503 514901df46532
  • 20130320092751 514902870fea0
  • 20130329173350 515551ee85641
  • 20130329173516 51555244a9367
  • 20130320093527 5149044fae155

本記事は、2013年11月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る