生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 美味しいうま煮の作り方

美味しいうま煮の作り方

2013年11月07日更新

 views

お気に入り

はじめに

野菜とお肉を組み合わせてコクのある調味料の旨みの効いた、美味しいうま煮の作り方をご紹介します。

うま煮(甘煮、旨煮)とは

たっぷりの煮汁で煮含める「含め煮」と少量の調味量で転がすように炒めながら作る「煮っ転がし」、素材に火を通してから味を煮からめる「照り煮」の中間的存在で、素材を炒めながらを味を含ませつつ調味料で煮込む調理法です。

煮しめのイメージと混在されているようで一般に、これといった明確な定義はなく地域や各家庭ごとに様々な形があるようです。

ちなみに筆者の地域(関東)においては、煮しめは正月料理の代表的な存在で、各素材ごとに濃い目の味付けで別々に煮て各々を重箱などに盛りつける調理を指します。これに対し、うま煮は全ての材料を同時に扱い手軽な家庭料理版といった印象です。

うま煮に必要な材料

  • うま煮にする素材
  • しょうゆ、みりん等の調味料
  • 炒め油

うま煮の手順

今回は、カブと鶏肉を使ったうま煮の画像を例に手順をご紹介します。

STEP1:素材をを切る

素材を切ります。各々の素材が同じ程度の大きさになるように切ることがポイントです。

今回は、カブ8等分程度、鶏肉約2cm角、カブの葉約3cm程度、生椎茸は4等分に切りました。

STEP2:素材を軽く炒める

油を引いた鍋に素材を入れて、この段階で火を通すイメージではなく、油が全体にまわる程度に中火で炒めます。所要時間の目安は約1~2分程度です。

STEP3:調味料を加え煮る

調味料を加え、中火で煮汁が沸騰するまで煮立てます。

STEP4:落としぶたをして煮る

煮汁が、沸騰したら火を弱火にして落としぶたをして、煮込みます。

あまりグツグツと沸騰させすぎずに、ゆったりとコトコト煮込むようなイメージで弱火~とろ火で煮汁を煮詰めます。
素材により、火の通り具合が変わりますので、様子をみながら調整して下さい。今回は、約7~8分程度煮ました。
落としぶたがない場合は使用しなくても問題はありませんが、利用するとより味が染み込みやすくなります。

完成!

トロリと美味しそうに仕上がりました!

おわりに

野菜とお肉の、異なる旨みの良さが引き出され合わさることで、より美味し仕上がり、まさに「旨煮」という表現がぴったりですね。

野菜のみで仕上げても、優しい味わいになり美味しいですし、色々な素材の組み合わせで楽しめる調理法です。

(photo by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130402103051 515a34cbe1844
  • 20130402103041 515a34c183dd6
  • 20130402103044 515a34c4da62e
  • 20130402103051 515a34cbe1844
  • 20130402103054 515a34ceeb1f7
  • 20130402103058 515a34d25e35f

本記事は、2013年11月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る