生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. お風呂の排水口のつまりを防ぐ方法

お風呂の排水口のつまりを防ぐ方法

2013年04月03日作成

 views

排水口の汚れはどんな家でも悩みの種です。お風呂場で生じる汚れの原因は、シャンプーやリンス、ボディーシャンプー、抜け毛、ふけ、あか、泥砂です。

ここでは筆者が行なっている掃除の仕方を紹介します。

目次

汚れ防止対策の頻度、タイミング

筆者は1週間に2度(水・土曜日)の頻度で、お昼過ぎに掃除し、汚れ防止の対策をしています。

なぜ水・土曜日かというと、お休みであるということと、なるべく等間隔ですべきだと思うからです。間隔が空けば空くほど汚れていくし、やりたくてもやれるタイミングは限られてますから。

午前中にしているのも、夜お風呂を使ってから1番早いタイミングだからです。日中は他の事したいですからね。

掃除から次の掃除は等間隔で、汚れてからなるべく早めに掃除する

汚れ防止対策に必要な道具

掃除用具

  • 歯ブラシ
  • 重曹
  • 液体せっけん
  • お酢
掃除には、歯ブラシ+重曹・液体せっけん・お酢(市販の掃除用具でも可)

汚れ防止の対策用

  • 排水口シール
  • 排水口ネット
排水口シール・排水口ネットは100均でも売ってます。排水口ネットは深めのものを選びましょう。

汚れ防止対策の具体的な手順

STEP1:排水口を掃除する

排水口の目皿は使い古しの歯ブラシで掃除します。

  • 「重曹」+「液体せっけん」→研磨作用があり汚れをよく落とせます
  • 「重曹」+「お酢」→白っぽい汚れ(せっけんかすなど)に有効です。

どちらもよく汚れが落とせます。

STEP2:排水口シールを貼る

古い家なので排水口タイプが古いです。排水口にシールを張ります。穴のタイプはいろいろありますが、水が流れれば大丈夫です。

STEP3:排水口ネットをかぶせる

さらにその上から排水口ネットをかぶせておきます。ネットは深さのあるキッチン用のネットが今まで1番効果がありました。というのも、髪の毛などがネットの穴をふさいでしまうからです。深さがあると上部まで穴がふさがることはないため効果的です。

排水口ネットは深めのもので、排水ルートを確保する

お風呂の排水口の目皿汚れ防止対策で注意すること

排水口シールは排水口が乾いた状態で貼りましょう。もし排水口シールを切らしてしまったときや、買えないときは排水口ネットだけでも取り付けておきましょう。

おわりに

水回りは汚れやすく、カビや雑菌が繁殖しやすいです。お風呂の排水口だけでなく、洗面所、洗濯機、キッチンでも同様の対策が有効です。

まずは「つまらせない!」、そして「つまる前に取る!」

(photo by amanaimages)
(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130330162149 5156928d3f692
  • 20130331132633 5157baf9488ea
  • 20130331132456 5157ba982a014
  • 20130401235500 51599fc4ca6c1
  • 20130331133212 5157bc4c55135
  • 20130331133244 5157bc6c52042

本記事は、2013年04月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る