生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. フェルトと飼い猫の毛でつくるポートレートの作り方

フェルトと飼い猫の毛でつくるポートレートの作り方

2013年04月03日作成

 views

小学校の高学年くらいから友達と一緒にフェルトでマスコットを作って交換し合ったのが始まりです。最近は普通のフェルトと飼い猫の毛を使った小物を作り始めました。

ここではフェルトと、飼い猫のブラッシングでとれた猫毛で飼い猫のポートレート作る方法を紹介します。フェルトは扱いがとても簡単で難しく有りませんから初心者でも上手に作れます。

換毛期にたくさん集めた飼い猫の毛を使っています。ブラッシング後の猫ちゃんの毛を捨てるのは勿体無いなといつも思っていたので再利用できるのも嬉しいです。

目次

用意するもの

  • フェルト(写真立てに合わせたサイズ)
  • 写真立てここでは8.5cmハート形の物を使っています。
  • はさみ
  • カッター
  • 厚紙
  • ペン
  • 先の尖った工具(羊毛フェルト用の道具やドライバーやきりなどで可能)
  • 下敷き
  • スポンジ
  • 2-3日分のブラッシングで集めた飼い猫の毛(適量)

猫を飼っていない場合は、フェルトで猫の型を切ってアプリケしてもいいです。

手順

STEP1:猫の型紙を作る

厚紙にペンで猫の下書きをします。

シンプルな方が簡単に出来ます。

STEP2:カッターで切り取る

下敷きの上に厚紙をのせて、下書きに沿ってカッターでゆっくり切り抜きます。

切り抜いた厚紙を使います。

STEP3:フェルトを挟む

クッション用のスポンジの上にフェルトをのせその上に型紙をのせます。

STEP4:猫の毛をさす

猫の毛を猫型に合うように尖った道具を使って丁寧に差します。

こうなります。

STEP5:首輪をつける

手芸用の糸をリボン結びして首輪のようにのせます。はさみを使って猫の毛のはみ出ている所を整えれば完成です。

STEP6:写真立てに入れる

ちょっと太めの猫ちゃんのポートレートの完成です。枕元やオフィスのデスクに飾って下さい。

参考

Kaori Tsutayaさんの本を参考にしています。

おわりに

いかがでしたか。ここではフェルトの小物作りにブラッシングで集めた飼い猫の毛を使ったポートレートを紹介しました。とても簡単にできます。ぜひお試しください。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130402002722 5159a75a79d16
  • 20130402005719 5159ae5fc06b3
  • 20130402005458 5159add21d831
  • 20130402005804 5159ae8c8b1a4
  • 20130402005946 5159aef211291
  • 20130402010050 5159af32a86e5
  • 20130402010244 5159afa4ae5ca
  • 20130402010449 5159b021151c8
  • 20130402010629 5159b08511e38
  • 20130402010847 5159b10fed542
  • 20130401230033 51599301e6cdc

本記事は、2013年04月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る