生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 一歩踏み出そう!自分の恋心に気づいて恋のチャンスをつかむ方法

一歩踏み出そう!自分の恋心に気づいて恋のチャンスをつかむ方法

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

「恋をしたい!でもなかなか恋が始まらない。」という女性はけっこう多いのではないでしょうか?

恋愛をしたいという気持ちがあっても、以前の恋でうまくいかなかったトラウマがあって恋の臆病になっていたり、恋すること自体が面倒くさかったりして、恋に積極的になれない方もおられるかもしれませんね。

こちらでは、恋に消極的な女性に向けて、自分の恋心に気づいて恋のチャンスを逃さないための方法について書いてみたいと思います。

恋愛に前向きになるための極意

恋することに憶病にならない

本当は恋がしたいのに、人に恋心を抱き始めると「うまくいかないんじゃないか」とか「ふられたらどうしよう」とか考えてしまうことはありませんか?

特に以前にひどいフラれ方をしていたり、辛い失恋をしたりした人にとってはトラウマがあって恋愛に臆病になってしまうかもしれませんね。

そのうち「わたしは見ているだけでいい。」と思ってしまって、いいなと思う相手をアイドル化してしまいます。そうなると、結局何もしないままなので彼との関係は恋愛に発展することはありません。

恋はうまくいくこともあれば、うまくいかないこともあります。それはやってみないとわかりません。一歩だけ前に踏み出しましょう!ちょっとでもいいな、と思った男性がいれば、見ているだけではなく、世間話でもよいので話しかけることから始めましょう!まずはそこがスタートです!

恋することが面倒くさいと思わない

恋をすると、相手に好かれたいためにオシャレをするようになりますし、また「振られたら嫌だな」という気持ちが生まれたりします。しかし、そんな気持ちになるくらいなら、彼との関係は別に現状維持のままでいいや、と思ってしまいがちになってしまいます。

たしかに恋は現状維持に比べて面倒くさいかもしれません。しかしそうやって自分の恋心を放っておくと、自分の恋心に鈍感になってしまいかねません。

恋することはとても素敵なことで、うまくいってもだめになっても、あなたをより磨き、魅力的にしてくれるものです!面倒くさがらずに楽しんでみましょう!

恋に敏感になる

恋に敏感になるようアンテナを張ってみましょう!女友達とつるんでばかりいたり、家と学校、もしくは職場の行き帰りだけでは、アンテナは鈍感になってしまいます。

男性もいる部活に入ってみたり、職場で男性に話しかけたり、常に男性を意識できるような環境に自分を置きましょう!そして、いろんな男性と話をしてみましょう。

そうしていると、あなたにとって素敵な男性が現れた時に、すぐ恋愛スイッチが入り、恋心に気づくことができますよ。

自分の恋心に気づく方法

一緒にいてうれしい人は誰か考えてみる

一緒にいてとてもうれしいと感じたり、心が優しくなれる男性はいませんか?もしいたら、その人に淡い恋心を抱いています。その気持ちを大切にしてください。

そして、ぜひ行動してみてください。直接的にデートに誘うのが恥ずかしかったら、「今度新しくできたファッションビルに行ってみたいけど、一人で行くのはさびしいから一緒に行ってもらえたらとっても心強いんだけど。」とお願いしてみるのも一つの方法です。

一緒に行ってみて、やっぱりうれしい!という気持ちなら、それは本当の恋心でしょう!一緒にいて疲れる相手であれば、それは恋には発展しないので、自分の恋心が本物かどうかわかるよい機会になります。

いつまでもそれでいいの?と考えてみる

素敵な男性がいても「見てるだけでいいや。」と思ってしまうと、自分の恋心を隠してしまうことになります。そうすると、どんどん自分の気持ちにウソをついて、自分の本当の気持ちに鈍感になっていき、とても危険です。

そのようなことを1年後も3年後も10年後も繰り返して後悔はないですか?どうせ後悔するなら、何もしないで後悔するより、何かをして後悔したほうが、あなたの成長のためにもなりますし、あなたの幸せのためにもなります。

素敵な人を見つけたら、見てるだけ、というのはもうやめましょう!話しかけたり、オシャレをしたり、これからは何か行動に移しましょう!その行動はきっとあなたの自分自身に対する自信にもなるはずです!

おわりに

いかがでしたか?恋をしたいと思っていても、行動しなければ、恋に出会うことも難しいですし、恋心にも鈍感になってしまいます。まずは一歩踏み出してみましょう!その一歩があなたの恋心に火をつけてくれるかもしれませんよ!

著者の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130330175906 5156a95a1b81d

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る