生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 中学・公民「民主政治と選挙」の学習ポイント

中学・公民「民主政治と選挙」の学習ポイント

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

中学の公民で勉強する民主主義、選挙制度、政党のポイントを解説します。

民主主義のポイント

ポイント1:民主主義とは

民主主義とは、民衆が主権者として国家や自治体をコントロールするという主義のことを指します。

国家や自治体の代表者を選ぶに当って、構成員たる民衆の中から代表者となろうとする者が選挙に立候補し、有権者の投票によって選出されます。国家や自治体の意思決定をその代表者が構成する立法府において議論を尽くし多数決によって行います。

ポイント2:民主主義と独裁

民主主義の反対概念として独裁主義や君主制などが挙げられますが、民主主義の制度を採用していても独裁につながる事もあります。よくドイツのヒトラーが例に挙げられます。

独裁とは特定の者、あるいは団体が独断で主権を行使する状態をいい、反対勢力などとの議論を経ないので、民意が反映されないという問題点があります。

ポイント3:直接民主主義と間接民主主義

直接民主主義とは、構成員たる民衆の意思を正確に国家や自治体の意思に反映させるためには、構成員全員の意思を持って決するのが最も正確であるとする考え方です。

上記の考え方は数十人の構成員なら正確かもしれないですが、数十万人の構成員全員の意思を取り上げれば混乱し意思を決定するのは不可能になります。そこで、間接民主主義という構成員の代表者が団体の意思を決する事で団体の運営を円滑にできる考えがでてきました。

直接民主主義では民意がダイレクトに届くが、増税など民衆には不評をかう政策は全て否定されてしまうので、国益などを損ないかねません。

一方、間接民主主義では、代表者が間接的に政策を決めていくので全て民意に沿ったものとはならない場合はありますが、国益などを重視した政策が実行されやすくなります。

日本は選挙を通じて代表者が国家や自治体の運営を決めているので間接民主主義を採用しています。

選挙制度のポイント

選挙制度は、民主主義を支える重要な制度です。

ポイント1:普通選挙と制限選挙

制限選挙とは、年齢以外に性別や納税額などによって選挙権を制限する事を前提とした選挙制度です。

普通選挙とは、一定年齢に達したすべての国民に選挙権を与える選挙制度です。日本では日本国憲法第15条3項及び第44条但書で保障されています。

日本国憲法第15条3項以前に第14条で法の下の平等が定められており、選挙権に制限を設ける事自体できません。

ポイント2:選挙区選挙の種類

大選挙区制、中選挙区制、小選挙区制があります。

大選挙区制は、選挙区の中から多数の代表者が選ばれます。少数政党を中心に政党の乱立につながる場合があり、また当選者以外の死票が多くなります。死票が多くなる=正確に民意を反映していないことになります。

小選挙区制は、選挙区の中から1名のみ代表者が選ばれます。現在の日本衆議院議員です。

中選挙区制は、選挙区の中から3〜5名程度の代表者が選ばれます。日本では、小選挙区制導入前の衆議院や現行の参議院が中選挙区制をとっています。

死票:投票した票が議席につながらなかった票の事をいう。

ポイント3:比例代表制

政党が届けた名簿に基づいて、獲得した票数に応じて議席配分が行われる制度です。比例代表制は、現在の日本の衆議院と参議院でとられています。民意を正確に反映しやすいと言われています。

デメリットとしては、少数政党でも当選しやすくなるため多数を構成しにくくなり、政権が安定しにくい点が挙げられます。

日本の現行選挙制度

日本では、衆議院で小選挙区制と比例代表制、参議院では中選挙区制と比例代表制の2つの制度を組み合わせて使われています。

日本の政党のポイント

ポイント1:政党とは

政党とは、政治において思想信条、政策などを同じくする者が構成し、その政策実現を目標として活動する政治団体のことです。

憲法上規定はないものの、実際の政治では政党単位で政治行動が行われており、政党助成法などの法律では政党についての規定があります。

憲法上規定されていないという事は、政治に携わるものが政党という団体に限られていないとも解する事ができます。

ポイント2:政党助成金

政党助成法で、汚職事件を背景に政治資金の規制が強化された事の代償として、国が政党に対し議席数に応じて税金から活動資金を助成する制度が規定されています。

日本共産党は思想信条に反するとして受け取りを拒否しています。

政党助成金を受け取るには、法人格を有する政党としての届出が必要です。

ポイント3:与党と野党

選挙において、多数を占めた勢力、あるいは首班を擁する政党を与党といい、与党とならなかった勢力を野党といいます。

野党として明確に対立せず、かつ与党と連立しない中途半端な態度をする政党を「ゆ党」ということもあります。

「(や)野党」と「(よ)与党」の中間で「ゆとう」

おわりに

民主主義、選挙、政党、などは日頃から頻繁に新聞やテレビのニュースになります。少し関心を持つだけでも非常に勉強になります。

日頃から関心を持つと理解しやすくなります。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130327232936 515302507398b

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る