生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 通帳がなくても大丈夫!インターネットバンキングで入出金明細を照会する方法

通帳がなくても大丈夫!インターネットバンキングで入出金明細を照会する方法

2013年04月01日作成

 views

インターネットバンキングはいつでも好きな時間に利用できて便利ですね。インターネットショッピングするのにも便利ですし、預貯金で金利が優遇されたりとお得なことも多いので利用者は多いです。

著者も新生銀行に口座があり、よく利用しています。今回は通帳がなくても普通預金の入出金明細を見ることのできる「入出金明細の照会方法」を新生銀行を例に説明します。

目次

こんな時に便利

ネットバンクの強みはいつでもパソコンやスマホなどで取引でき、郵便局やコンビニのATMで入出金できるということです。ただその時の取引だけになるので、過去の入出金の明細がわかりません。

著者の場合、確認したいことが普通預金で幾つかあります。

  • 習い事の月謝が正確に引き落とされているか
  • 光熱費の引き落とし日の確認
  • 税金などの金額の確認
  • 数カ月前のショッピング代金の思い出し作業など

通帳がない分わずらわしさはないのですが、確認したい時には明細は必要ですね。そんな時に入出金明細を照会します。

入出金明細照会の手順

STEP1:ホームページのネットバンクへログインする

新生銀行のホームページ右上の「インターネットログイン」をクリックします。

STEP2:ログイン画面に必要項目を入力

口座番号や暗証番号、パスワードを入力して「ログインボタン」を押します。

STEP3:セキュリティ認証を行う

次に、申し込み時に送付されるセキュリティカードの裏面にあるアルファベットや数字を入力します。

STEP4:口座情報をクリック

お客様画面の上部にある「口座情報」をクリックします。

STEP5:入出金明細をクリック

口座情報の中の「入出金明細」をクリックします。次のページで「直近10明細」または「期間指定」して明細を見ることができます。

便利な使い方

見て確認するだけではなく、印刷もできるので自分でプリントアウトすれば通帳代わりにもなります。

著者は家計簿をつけていないので、気になった月はプリントアウトして出金記録簿として使ったりします。

定期的に照会すれば家計管理もでき、通帳がないために起こりがちな無駄遣いのチェックもできますね。

親が下宿している子供の入出金をチェックするという使い方もできます。

注意点

便利ですが、ネット上での危機管理もしっかりしなければいけませんね。ログインに関してはセキュリティが厳重になっていますが、注意は必要です。

最近ネットバンクで不正にポップアップ画面を表示させて、情報を盗み取る犯罪が横行しています。いつもの画面と違う場合は入力してはいけません。

またログインした状態で、画面を動かさずに一定時間経過すると、セキュリティの為に自動的にログアウトされるようになっています。しかし自己管理という面でも明細照会画面を開いたまま他の用事をするなど、そのままにしておくのはやめましょう。

おわりに

いかがでしたか。お金の管理をする上で明細を見ることは必要ですね。無駄はないか、忘れている取引はないかなど口座情報を定期的にチェックするようにしましょう。

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130330111313 51564a39d8830
  • 20130330114027 5156509b4d1de
  • 20130330114321 51565149efe2e
  • 20130330114823 5156527799332
  • 20130330115101 5156531575e4b
  • 20130330115438 515653ee34edf

本記事は、2013年04月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る