生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7.  
  8. 年代問わず楽しめる!湯布院温泉街の散策体験記

年代問わず楽しめる!湯布院温泉街の散策体験記

2013年10月31日更新

 views

お気に入り

はじめに

2011年5月、友人と2泊3日で湯布院を訪れました。ゆっくり温泉に浸かり、温泉街を散策することが目的です。宿泊先は「旅館 上の湯」でした。

筆者はフェリーを使い、大阪から別府港へ到着。港からバスに乗り、別府市内を経由して湯布院へ向かいました。

湯布院散策

観光ガイドが便利

駅やバスの待合室に観光ガイドが置いてあるので、それを頼りに散策しました。地図に沿って歩いたところに、観光客向けの店が集まっています。食事処やお土産屋、雑貨屋と幅広く、観光地として力を入れているのがわかります。

筆者が訪れた日は大雨・強風だったので観光の幅が狭まりましたが、馬車や人力車、レンタサイクルもあり、郊外の自然を楽しむこともできます。

「ドクターフィッシュ」で綺麗になる!

筆者のおすすめは、上記の写真の「ドクター・フィッシュ」です。足湯の中に角質を食べてくれる小魚がたくさん泳いでいて、足を入れると一斉に群がってきます。

最初はくすぐったくてすぐに足を出していたのですが、慣れてくると面白く、そして魚がかわいく見えてきます。水温は温水プールくらいの温度で、ほんのり暖かいです。時間は無制限だったので、筆者は一時間ほど楽しみました。

ご当地グルメ「とり天」

また、ご当地グルメとして有名なのが鳥の天ぷら「とり天」です。飲食店で出されているほか、温泉街にはテイクアウトの店もあるのでぜひ一度食べてみて下さい。

唐揚げに慣れていた筆者にとっては不思議な感覚でした。

よかったところ

飲食店やお土産屋がたくさんあり、見るだけで楽しめます。女性客を意識したおしゃれな店が並ぶのも特徴です。お土産の種類が多く、楽しんで選ぶことができます。

イマイチだったところ

観光パンフレットには金麟湖が大々的に載っていたので期待していたのですが、実際には池と言った方がいいくらいの大きさでした。

また、早くに到着してもほとんどの店が閉まっているので、時間を持て余します。街中のように時間を潰せるチェーン店もなく、筆者は駅の待合室で待機しました。

アドバイス

山の中なので、防寒できるものを持って行くと便利かもしれません。筆者の旅行時は大雨強風で、5月とは思えない肌寒さに見舞われてしまいました。

おわりに

温泉街は、小さいながらも活気があり、散策にぴったりでした。お店の種類も幅広いので、年代を問わず楽しめると思います。

皆さんも機会があればぜひ訪れてみて下さい。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130207121310 51131bc6dc20b
  • 20130207121347 51131beb67afc
  • 20130401134927 515911d735e35

本記事は、2013年10月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る