生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. WEBサイトを調べてから!大人から子どもまで楽しめる各地の水族館

WEBサイトを調べてから!大人から子どもまで楽しめる各地の水族館

2013年11月04日更新

 views

お気に入り

はじめに

子どもの頃、水族館にいくと海の中に入って覗いたような感覚になりませんでしたか?

そのワクワク感や水に関連する場所という雰囲気が好きという方も多いのではないでしょうか。水族館を楽しむためのコツをおさえて、水族館でちょっと違った楽しみ方をしてみましょう。

水族館好きエピソード

筆者は小さな頃から水族館が大好きです。海の中にいるたくさんの魚や生き物をガラス越しに見ることができるのはとても貴重なことに感じ、水の動物園という感覚で楽しみます。

筆者は北海道在住なのですが、北海道最大の水族館である「おたる水族館」の年間パスを毎年購入しています。その他、札幌市内にある「サンピアザ水族館」、登別にある「マリンパークニクス」には毎年行きます。

子どもが生まれてからさらに水族館を好きになった感じで、本格的に水族館を好きになったのは7年ほどです。いつも子どもと一緒に水族館を楽しんでいます。

関東旅行に行った時には「しながわ水族館」、「八景島シーパラダイス」、関西旅行の時には「海遊館」に行きました。

オススメの水族館

筆者のオススメする水族館は大阪にある「海遊館」です。海遊館は水族館という固定概念をいい意味で壊された水族館でした。

水族館というのは各水槽に魚が入っているイメージでしたが、海遊館は大きくダイナミックな水槽ひとつひとつにテーマがあり、世界の地域を表現しており、魚や海に関する生き物だけなく動物なども一緒に展示してることに驚きました。

海遊館の目玉であるジンベイザメがいる太平洋の水槽は圧巻であり、見たことがないとても大規模な水槽でたくさんの魚たちが本当に海の中で生活しているような状態で展示されており、圧巻でした。

水族館をより楽しむためのコツ

筆者は水族館を十分に楽しむために、その水族館についての情報を事前にインターネットで調べてから行きます。ショーをやっている水族館はショーの時間を調べて、その時間に合わせたスケジュール作りを想定します。

その他、エサやりイベントやバックヤードツアーをやっている水族館もあったりしますので、そういったイベントもホームページで確認しています。水族館で行っているサービスも知ることで、フルに水族館を楽しむことができます。

海遊館では任天堂DSを持っていくと、海遊館ガイドをダウンロードすることができ、とても楽しいです。その他音声ガイドの貸し出しもありました。

おわりに

水族館は子どもだけでなく、大人も楽しむことができますし、大人向けに作られている水族館もありますから、そういった水族館を大人だけで楽しむことも良いですよ。

地域に水族館があるところが多いと思いますので、その地域の水族館を楽しみつつ、旅行に出かけたときにはその地域の水族館にいくと別の水族館の楽しみを見つけることができます。

屋内であることがほとんどなので、天気の心配をさほどしなくても良いのが水族館の良いところです。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130330093331 515632db1c87e
  • 20130330093405 515632fdb43eb

本記事は、2013年11月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る