生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7.  
  8.  
  9. いろいろまとめて収納できると便利!レンジ台を選ぶポイント

いろいろまとめて収納できると便利!レンジ台を選ぶポイント

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

著者宅では、電子レンジや炊飯器と一緒に食器も収納できる家具を使用しています。

著者宅のレンジ台

  • メーカー:不明(家具店で購入しました)
  • サイズ:幅約60cm×奥行約40cm×高さ約180cm
  • 素材:木製
  • 価格:50000円位
  • 購入時期:1995年頃

取っ手は交換して使用しています。また、購入当初はお揃いの上置きがありましたが、現在のマンションの天井が低いため処分しました。

上置きとは下段のような扉がついたもののことです。

レンジ台の選び方

ポイント1:レンジ以外の家電も収納できるもの

著者宅では、電子レンジの下にオーブントースターを収納しています。使用しないときはハンドメイドのカーテンで目隠ししています。

ポイント2:台がスライドできる

レンジとオーブントースターを収納している部分の台は、両方ともスライドできるので、高温調理や蒸気が出る料理のときに便利です。炊飯器の収納にもおススメのレンジ台です。

ポイント3:色・素材

キッチンに統一感が出るように、著者宅の冷蔵庫の色と仕上げに似た、鏡面仕上げのグレーを選びました。取っ手はインテリアに合うものに交換しました。

おわりに

横から見るとレンジ全体が収納されているので、レンジにホコリもつきにくいレンジ台です。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130329152934 515534cec58fc
  • 20130329153009 515534f1f3b10
  • 20130329153108 5155352cbf9ce
  • 20130329153141 5155354d2c77f

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る