生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. これだけは押えておきたい!会社での挨拶のポイント

これだけは押えておきたい!会社での挨拶のポイント

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

社内の良好な人間関係の基礎は、日々の挨拶にあるといっても過言ではありません。お互いに気持ちよく仕事を進めるためにも、最低限の挨拶のポイントは押えておきたいものです。

このハウツーを紹介する著者について

  • 著者のマナー指導歴:新入社員研修にてビジネスマナー研修を6年担当
  • 著者の部署・職種:研修インストラクター
  • 著者が勤める会社の業種:IT企業
  • 著者が勤める会社の従業員数:約300人

挨拶の基本

ポイント1:相手に聞こえる声で

言われるまでもなく当たり前のことのように思えますが、意外とできていない人がいるものです。顔もあげずに独り言のように「おはようございます」と言うだけでは、挨拶とはいえません。

挨拶は、コミュニケーションのひとつですから、相手に聞こえて、お互いに声を出し合ってこそ意味のあるものです。

ポイント2:アイコンタクト

アイコンタクトとは、目を合わせるということです。自分も相手も、お互いにお互いを見る必要があります。自分から挨拶をしても、相手が返事を返してくれるときには視線を反らしてしまっているのでは、相手の印象は良くありません。

ポイント3:笑顔も添えて

ポイント2のアイコンタクトと一緒に、笑顔で挨拶をすると印象が良くなります。誰でも、怖い顔で挨拶されるより、笑顔で挨拶されたほうが気持ちがいいですよね。

ポイント4:返事がなくても気にしない

挨拶をしたら、挨拶を返すのがマナーですが、中にはそれができない人もいます。忙しくて手が離せなかったり、そもそも挨拶する習慣がない人もいるかもしれません。

返事がないと挨拶するのをやめてしまう人もいますが、挨拶はこちらから伝えることに意味があるので、返事がなくても気にせず、毎日挨拶を続けるようにしましょう。

挨拶ではまず、心を伝えることが大切です。自分から挨拶をする習慣をつけるようにしましょう。

おわりに

気持ちの良い挨拶は、気持ちのいい職場を作ります。まずは朝の「おはようございます」から、気持ちよく挨拶をしてみてはいかがでしょうか。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130328184303 515410a79f3b4

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る