生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 素材の味を引き立たせる酒蒸しの方法

素材の味を引き立たせる酒蒸しの方法

2013年03月28日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

蒸し料理は素材の美味しさを活かせる素朴な料理ですね。中でも「酒蒸し」は覚えておくと便利な、そして料理の腕が上がる必殺技です。難しそうですが、簡単なやり方でも十分美味しくできますよ。

ここでは電子レンジを使った「エビと野菜の酒蒸し」をご紹介します。

酒蒸しとは?

材料に酒をふって蒸す調理方法です。材料の臭みを消したり、風味を引き立たせたりできます。魚介類や肉によく使われますが、野菜でも酒蒸しすることで本来の素材の味が生かせます。

料理内容に合わせて日本酒やワイン、紹興酒などが利用され、使う道具も蒸し器、鍋、フライパン、電子レンジ対応容器など様々です。

材料(2人分)

  • エビ…100g
  • 玉ねぎ…1/4個
  • 人参…40g
  • チンゲン菜…葉2枚
  • 長ネギ…1本
  • しょうが…少々
  • 酒…大さじ1
  • 塩…ひとつまみ

作り方(調理時間:約20分)

STEP1:レンジ対応食器に材料を入れる

電子レンジ対応の深皿に、細切りした野菜を敷き上にエビを乗せます。その後しょうがを細切りしたものを散らしておきます。

STEP2:塩と酒をふりかける

塩をひとつまみ(小さじ1/4くらい)エビにかけるように振り、酒を回しかけます。

STEP3:電子レンジで蒸す

ふんわりとラップをして電子レンジ(500w)で6分程加熱します。

ラップをはずす時はくれぐれもヤケドに注意して下さい。

完成

これで出来上がりです。このまま食卓へ出してもOKです。ポン酢をかけていただきます。

酒蒸しを作る時のポイント

水分

素材の持つ水分と酒だけで蒸す料理ですが、材料によって水分が足りない場合は出汁など補って下さい。

火加減

フライパンを使うと素材によっては底の方が焦げ付く可能性があるので、火加減など注意が必要です。

味付け

基本は塩と酒だけですが、料理によって薄めに味付けたほうが美味しくなるものもあります。また、酒蒸ししたものをサラダに使うなど、アレンジも可能です。

さいごに

酒蒸しを覚えておけば魚介類でも肉でも素材の旨味がぐっと引き立ち、単純な味付けでもとても美味しくできます。電子レンジを使えば、時短料理としても便利ですね。是非色々な食材で試してみてください。

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130325210022 51503c5682153
  • 20130325210221 51503ccda49b5
  • 20130325210720 51503df8e83bb
  • 20130325211009 51503ea150de7
  • 20130325211147 51503f03729d4
  • 20130325211458 51503fc292039

本記事は、2013年03月28日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る