生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. DINKS 共働き夫婦、新婚生活の4つのコツ

DINKS 共働き夫婦、新婚生活の4つのコツ

2010年11月15日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

新婚生活を迎えてみて、「こんなはずじゃなかった」なんてこと少なからずありますよね。

特に最近増えてきた共働き夫婦、DINKS(Double Income No Kids)だと、対等な立場だったりするので、お互いを尊重する必要がありますよね。

筆者の実体験からまとめた、DINKS新婚生活のポイントをそっと書いておきます。

コツその1: 家事を当番制にしない

「洗濯、ゴミ出しは旦那さん」
「料理、掃除は奥さん」

など共働き夫婦は家事を当番制にしたりしますよね。

最初に決めたルールを死ぬまで守れたらいいですが、今後、数十年間守れるルールなんて、なかなかないですよね。

「結婚は生活」なので、状況によってはルールが守れなくなることは必ずあります。気分がのらなかったり、体調がわるかったり、怠かったり。なんてこともありますよね。

それでもどちらかがやらなくてはいけないのが、「家事」なんです。

「あなたの当番だけどやってあげたのに」
「おまえの当番なのに1週間俺がやってる」
など当番制にすると、どうしても貸し借り論になりがちです。

夫婦であれば、やはり「気づいた方がやる」くらいにしておいて、お互いがお互いをフォローするというスタンスでいたいですよね。

コツその2: 相手のやり方を否定しない

共働きの場合、お互い仕事があり会社があるので、日々、違う文化の中に生きています。

そのため「過去の文化の違い」+「リアルタイムでの文化の違い」があります。

家事だけでなく、休日の過ごし方、平日の夜のテンションなどなど。それぞれの生活スタイル、やり方があります。

しかもどちらも「仕事」であり「会社」なので、どちらかのスタイルに合わせることは困難ですよね。

とはいえ、一緒の家にいる夫婦、「合わせる」ことが必要になることやどちらかが折れなければならない事もあります。

ときに、そのことでケンカになりそうなときのルールとして、お互い、一つだけ心しておくと、いいことがあります。

「相手(のやり方)を否定しない」こと。

「尊重」とまではいかなくても、否定をしないで聞き入れてる姿勢があれば、話はおかしな方向へむかいにくいです。

コツその3: ベットルームは余計なものを置かない

悲しいかな、日本の夫婦の1/3はセックスレスといわれています。

セックスがすべてではありませんが、大切なコミュニケーションの一つ。二人で夜を楽しむのも、新婚生活の楽しみの一つですよね。

しかし共働きの二人が、いざ生活を始めると、

「仕事で疲れてできない」
「平日夜遅いので相手に迷惑をかけたくない」
「休日はゆっくりしたい」など、

なんだかんだでセックスを避けがちになったりします。「いつでもできるしなー」と思ったりもします。

もちろんそこで無理にでもしろなんて言いませんが、せめて二人で寝るベッドルームに入ったら二人のコミュニケーションを妨げるモノは置かない方が得策です。

パソコンやラジオ、テレビなんてもってのほか。できたら漫画や本も少量にしたほうがいいかもしれません。

もし相手がそれらに夢中になっていたら「それを遮ってまで。。」となってしまいますよね。

それらはリビングで楽しむとして、ベッドルームに入ったら、相手と自分だけ。

そのときくらいは、相手との存分にコミュニケーションをとり、したくなった時はセックスする。ちょっとしたことですが、お互いの距離が離れていくのを防ぐ、一つの手だと思います。

コツその4: お財布は一緒にする

お財布の管理、むずかしいですよね。

  • 奥さんが仕切り、旦那さんが小遣い制?
  • 旦那さんが仕切り、お互い小遣い制?
  • 一つの口座に決まったお金を毎月振り込む?

共働きになるとダブルインカムで、額面は大きいため、なんとなく暮らしていけます。

一つコツがあるとしたらお財布は一つにするということでしょうか。

やはりお互いの価値観の中、お金を使います。そのお金の使い方がその人の社会での生き方ですよね。

結婚は2人で同じ人生を歩むともいわれますがやはりお互いがどんな道を歩んでいるのか、お互いが知っておく必要があります。

完璧に把握する必要はありませんができるだけ、相手が「何に」「どのくらい」「どのタイミングで」お金を使っているか。知っておいた方がベターです。

価値観が違えば、少しずつ修正すればいいですよね。

問題は「知らない、グレーなところが多くある」場合です。お金のことは夫婦の間でもしっかりしておくべきシビアな問題。浮気防止にもなりますし、お財布は1つにしたほうがいいのではないでしょうか?

おわりに

これらはあくまで「コツ」で、あくまで一つの視点でしかありません。

10カップル10色。幸せのカタチも10パターンあると思います。

これらのポイントの1フレーズでも気づきがあればいいなと思います。

結婚はゴールではなく、スタートです。結婚は結婚式のような「ひとときの幸せ」ではなく、「生活」です。

ちょっとした心遣いや、心持ちで余計なすれ違いは少なくできます。

名実共に楽しい共働き新婚生活を送りましょう。

本記事は、2010年11月15日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る