生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 年上男性への恋を成就させた体験談

年上男性への恋を成就させた体験談

2013年11月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

年上の男性は、同級生にはない魅力があります。今回は筆者が年上男性に片思いをし、恋に発展した体験をご紹介したいと思います。

当時の状況

彼との関係

当時、筆者は20代前半でした。気になった相手は上司で、人の少ない部署でしたから、一番初めに仕事を教えてくれた人でもありました。

年齢のことはあまり考えていませんでした。聞く機会がなかったので「同年代くらいで、若くして出世した人なんだろうな」と思っていました。

上司ではありますが、気さくな人で頼りがいがあり、気配り上手だったものですから、恋愛感情が生まれるまで、時間はかかりませんでした。

恋人になるまで

筆者が仕事で煮詰まって、落ち込んだことがありました。上司である彼はそれに気づいてくれ、飲みに誘ってくれました。そのことがきっかけになって、たまに食事に行くようになり、数か月後、告白しました。

彼は思いを受け止めてくれましたが、確認するように言いました。

「一回り違うけどいいの?」

そうです。彼は筆者の一回り上、つまり12歳上の30代中盤だったのです。

それまでちゃんと彼の年齢を聞く機会がなく、せいぜい8歳差くらいだと勝手に思っていたのでびっくりしましたが、好きな気持ちにはかわりはありませんでした。

彼との恋愛

一回りも離れた人と恋愛したことがなかったので初めは不安でしたが、不思議と違和感はありませんでした。

年上男性の特徴として、人馴れしていることや話題が豊富なこと、頼ってほしいと思っていることなどがあるでしょう。なので、その優しさに思い切り頼るようにしています。

年齢差があるので、見てきたテレビも、聞いてきた歌も全く違うのですが、一回り違いだからこそできる話もあります。それは干支です。干支占いだと、丁度一回り違うことで基本、性格が似た結果になるのです。これをはじめに見つけたときは、二人で大笑いしました。

おわりに

年上の男性とのおつきあいは、いろんなことがあります。年上だからと甘えて傷つけたり、年上なのに案外子供っぽいと落ち込んだり。

初めから年の差があることで感覚が違うとわかっているのですから、無理に合わせても仕方がないし、その差を楽しんで茶化したりするのもまたいいのです。

ただし、尊敬は忘れません。いくら年上で包容力があるように見えても、やっぱり傷つきます。年下だからと甘えてばかりいてはいけません。

何を考えているかわからないこともあるかもしれませんが、同じ年だから全部わかるというわけでもありません。年齢を理由に、相手を理解する努力を怠るのはもったいないのです。

無理して駆け足にならなくても、彼は待ってくれます。それが年上男性の最大の魅力です。

(Photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130327114712 51525db0e5952

本記事は、2013年11月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る