生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 予期せぬプロポーズの成功談

予期せぬプロポーズの成功談

2013年03月28日作成

 views

彼氏としての筆者のプロポーズの言葉は、思いもよらぬシーンで発せられました。そのシーンについて紹介したいと思います。

目次

プロポーズの言葉

「筆者で良いと言ってくれる女性がいるなら、いつでも結婚したい」

その言葉となった経緯

実は直前まで大喧嘩をしており、彼女の方から「もう別れる」と吐き捨てられ、筆者もそれを承諾した形になっていました。

別れることは決定として、仮に別れる前は結婚については考えていたかという彼女の問いに対して返した言葉が「筆者で良いと言ってくれる女性がいるならいつでも結婚したい」という冒頭で紹介した言葉でした。

長い沈黙があり、彼女の方から「さっきの別れるは取り消しにしたい」と申し出があり、「じゃあ結婚するってことだな?」とプロポーズが成功しました。

その言葉の意味

もちろん、筆者で良いと言ってくれる女性とは彼女を指していましたが、言葉の意味については深く考えず、もう別れるのだからと正直に思っていることを言ったのが事実です。

彼女といつか結婚したいと思っていましたが、当日喧嘩の最中にまさかプロポーズすることなどは想像もしておらず、喧嘩が思わぬ方向に転んで行ったと夢を見ているようでした。

プロポーズの言葉に対する彼女の感想

正攻法ではなく変則的なプロポーズの形となったため、未だにあれはプロポーズだったのかという議論が夫婦間ではあります。

しかし、その言葉をきっかけに結婚が行われたわけだし、十人十色のプロポーズの形があってもいいのではと筆者は思っています。

おわりに

プロポーズには事前に計画しているものや、筆者のように予期せぬ流れの中で行われるものの、夫婦の数だけプロポーズの形があるのかもしれません。

(photo by amanaimages)

著者:どんぶり

この記事で使われている画像一覧

  • 20130326015144 515080a094fec thumbnail

本記事は、2013年03月28日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る