生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 初めての海外旅行トイレの使い方いろいろ

初めての海外旅行トイレの使い方いろいろ

2013年02月27日更新

 views

お気に入り

はじめに

旅行先で意外と気になるのが、トイレです。必ず行くところなので、できれば、きれいなところを快適に使いたいものです。しかし、海外では、日本のように、きれいなトイレだけとは限りません。

今回は、初めての海外旅行のトイレの使い方いろいろについて紹介します。

トイレを使いたいときは、ホテルやデパート、ファストフードなど

観光中にトイレに行きたくなったら、ホテルやデパート、ファストフード・レストラン・カフェなどのトイレを使いましょう。比較的きれいなところが多いです。

観光地であれば、それなりにトイレがあると思いますが、東南アジアなどでは、洋式トイレの使い方が悪くて、便器が壊れていることもたまにあります。できるだけ、きれいそうなトイレを見つけたら、行っておいたほうがいいです。

ティッシュ、ウェットティッシュは持ち歩こう

インドや東南アジアなどでは、トイレに紙がないことがほとんどです。トイレの脇についている小さいシャワーのようなものか、桶に入った水で洗い流します。

これは慣れていない人が使うと、ズボンが濡れてしまうこともあり、桶に入った水は雨水のこともあり、清潔ではありません。そんなときのために、普段から、ティッシュやウェットティッシュを持ち歩くようにしましょう。

トイレットペーパーは、比較的手に入りやすいので、芯を抜いて持ち歩いてもいいと思います。
紙は流さずに、トイレにあるゴミ箱に捨てるようにしましょう。紙の質が悪いと流れずに詰まってしまうこともあります。

トイレは有料のところもある

入り口に係の人がいて、お金を払ってから入るところも多いです。中には、お金を払うと、トイレットペーパーをくれるところあります。普段から、小銭を持って歩くようにしましょう。

衝撃的なトイレ

個人的には、トイレを見ると、その地域の文化がよく分かるような気がして、旅行先で、いろいろなトイレに行っているのですが、その土地ならではのトイレ事情があります。

ラオスの田舎に行ったときは、ちょっと高くなっているところに板を敷いて、そこに穴をあけただけの簡易トイレ(つまり便器がなく、穴からモノが下に落ちていく形)で、下で豚が待っていました。

中国の万里の長城に行ったときは、トイレは個室だったのですが、中国人がみんな個室のドア全開で用を足していて、その人たちと目が合ってしまったことも。

一番印象に残ったのが、南インドに行ったときに、トイレの匂い消し代わりに、女性が個室にジャスミンの花をいくつか落としていく様子でした。

おわりに

海外に行くと、おなかを壊してしまう人もいるので、トイレはとても大切なポイントだと思います。そして、日本のトイレを越えるトイレはないようにも思います。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101115155553
  • 20101115155639

本記事は、2013年02月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る