生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. キッチンペーパーを選ぶときのポイント

キッチンペーパーを選ぶときのポイント

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

はじめに

油や水をしっかり吸収してくれるキッチンペーパーは料理をする際などにとても便利ですね。ここでは、そんなキッチンペーパーを選ぶ時のポイントをご紹介します。

著者が持っているキッチンペーパーについて

  • メーカー:TargetやWalmartなど、近所のスーパーで購入しています。
  • サイズ:縦27.9cm×横35.5cm
  • 素材:紙
  • 価格:8ロールで約$7
  • 購入時期:2013年3月

キッチンペーパーの選び方

ポイント1:吸収力があり、丈夫なもの

キッチンペーパーは揚げ物の下に敷いたり、洗った野菜を拭いたり、色々な用途で使用するので、使っているうちにすぐボロボロに破れてしまったり、油などを吸収してくれないようでは困ります。吸収力があり、丈夫なものを選びましょう。

ポイント2:半分の所に切れ目があるもの

上の写真は通常の一枚分の大きさです。キッチンペーパーの1枚はけっこう大きいので、ちょっとだけ使いたい時に大変不便です。必要ないのに大きな1枚を使ってしまうのは不経済ですし、手で破ると真ん中でキレイに切れないことがよくあります。

しかし、最近この半分のサイズの所に切れ目が入った物が売られるようになりました。上の写真でも真ん中に点線が入っているのが見えると思います。

この半分サイズはちょっと欲しい時にとても便利です。無駄に1枚使わなくていいので、大変経済的でもあります。真ん中で切らなければ、通常の大きな1枚として使用する事もできますので、半分の所に切れ目があるものをおすすめします。

ポイント3:色柄のないもの

可愛い色や柄のついたものも売られていますが、キッチンペーパーは直接口に入れる食べ物に使うこともあるので、著者は着色成分が食べ物に付着しないよう、念のため色柄のない真っ白なタイプのキッチンペーパーを使用するようにしています。

おわりに

いかがでしょうか。キッチンペーパーはあると大変便利です。ぜひご自宅でも活用してみてください。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130327023013 5151db2550204
  • 20130327024747 5151df437d947
  • 20130327025457 5151e0f1bb5c2

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る