生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 交換時期のわかりやすいものを選ぼう!トイレ用消臭・芳香剤の選び方

交換時期のわかりやすいものを選ぼう!トイレ用消臭・芳香剤の選び方

2013年03月27日作成

 views

著者はマッサージの治療院を経営しています。院内にはお客様用のトイレもあるのですが、やはり気になるのが他の人がトイレを使った後の臭いです。今回はそんな臭いを上手に消すことができる消臭・芳香剤を紹介します。

著者が持っているトイレ用消臭・芳香剤について

  • メーカー:アース製薬
  • サイズ:69mm×69mm×147mm
  • 素材:香料(天然精油配合)、非イオン系界面活性剤、陰イオン系界面活性剤、植物抽出物
  • 価格:350円程
  • 購入時期:2013年2月

トイレ用消臭・芳香剤の選び方

ポイント1:さりげないデザイン

芳香剤はあると便利なのですが、いかにも「これが芳香剤です!」というデザインのものはあまり好きではありません。上記の「アロマパレット」は写真の通り、インテリアとしても使えそうなぐらいさりげないデザインなので気に入っています。

色も香りごとに全部で8種類ありますので、自分が置く場所に合ったデザインのものを選びましょう。

ポイント2:香りが強すぎず、消臭効果が高いもの

百貨店などで、頭が痛くなるぐらい芳香剤の香りが強いトイレがあります。いくらいい香りであっても強すぎると、逆に不快な印象を受けます。香りほどほどで消臭効果のみ高いものを選ぶ方が使いやすいです。

夏場の気温の高い時などは香りが強くなりやすいので特に気をつけましょう。

ポイント3:交換時期のわかりやすいもの

よくあるのが、とっくに交換時期を過ぎていて、もう効果のない芳香剤がずっと置きっぱなしになっているケースです。

商品によっては交換時期のわかりにくいものも多く、放置されがちです。しかし、やはりきちんと消臭・芳香効果を保つためには適切な時期で交換していく必要があります。

上記の「アロマパレット」は写真にもあるように、ボトルに入っている液体が見やすく、交換時期がわかりやすいです。

効果の切れた芳香剤が置きっぱなしにならないように、交換時期のわかりやすいものを選びましょう。

おわりに

以上が著者が利用している消臭・芳香剤になります。香りは好みもありますので、自分に合ったものをひとつ見つけておくことをオススメします。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130326174607 5151604fee96a

本記事は、2013年03月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る