生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. シンプルで落ち着いたデザインを選ぼう!玄関マットの選び方

シンプルで落ち着いたデザインを選ぼう!玄関マットの選び方

2013年03月27日更新

 views

お気に入り

はじめに

絶対に必要なものというわけではありませんが、やはり玄関にマットがひかれているとどこか落ち着きます。今回は著者の利用している玄関マットについて説明します。

著者が持っている玄関マットについて

  • メーカー:ニトリ
  • サイズ:50cm×80cm
  • 素材:パイル部:ポリプロピレン100%、アップリケ部分:綿100%、刺繍部分:レーヨン100%、裏面:ポリエステル100%(不織布)
  • 価格:1200円
  • 購入時期:2012年12月

玄関マットの選び方

ポイント1:シンプルで爽やかなデザインを選ぼう

それほどたくさんの来客があるわけではありませんが、やはり玄関というのはその家の顔なので、なるべくなら落ち着いた空間にしたいものです。

我が家の玄関はフローリングなのですが、妻と相談して玄関の雰囲気の合うシンプルで爽やかなデザインのものを選びました。幅もちょうど玄関のサイズピッタリだったので気に入っています。

ポイント2:すべり止め加工のものを選ぼう

以前使っていた玄関マットは、マットの下にすべり止めのマットをもう一枚ひいて利用していましたが、現在使っている玄関マットは、それ自体にすべり止め加工がされていて滑りにくい仕様になっています。

どんなにデザインが良くても、ツルッとすべってしまうようなマットは危なくて使いにくいです。我が家には小さな子供もいるので、安全性も考えて滑りにくいものを選びました。

ポイント3:手洗い可能なものを選ぼう

欧米とは違って日本では玄関で靴を脱いで家に上がるので、玄関マットがそれほど汚れることはありません。

ただやはり1年に1度、大掃除の時ぐらいは玄関マットを洗ってきれいにしたいので、手洗いが可能なものを選びました。昨年末に買ったばかりなので、まだ洗ったことはありませんが、やはりいざという時に自宅で洗えるマットの方が使い勝手がいいです。

中には洗濯機で洗えるタイプのものもあります。

おわりに

以上が著者が使っている玄関マットの説明になります。玄関マットなんて必要ない!という方もいますが、玄関を彩るインテリアのひとつとして、お気に入りのものを選んでおいてもいいかもしれません。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130326170834 5151578275482

本記事は、2013年03月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る