生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 海外旅行の機内で使える英語のフレーズ3選

海外旅行の機内で使える英語のフレーズ3選

2013年03月27日作成

 views

海外旅行は国内の旅行とは違った緊張感がありますね。国外の第一歩、空港の出発ゲートをくぐった時からドキドキ感があります。

フライト中にも何かと英語が必要になってくるので、英語に不安のある人はなおさらドキドキですね。そこで今回は覚えておくとすぐに使えるフレーズを3つ紹介しましょう。

目次

著者の渡航歴

著者の英会話力は中級程度、日常会話や旅行で使うくらいなら大丈夫な程度です。海外旅行へは過去20年の間に十数回行きました。ツアーで参加したのは最初の2回、後は個人旅行です。

機内で使えるフレーズ3選

Can I get my seat back?

「シートを倒してもいいですか?」

公共の乗り物、例えば新幹線でもマナーとして必要なフレーズですね。黙ってするよりは一応声かけするのが大人です。長いフライトで狭い空間を使うのですから、お互いに気持ち良くいたいものです。

発音は「キャナイゲッ マイシー バック?」(太文字にアクセント)のような感じで良いでしょう。余程嫌な奴でなければSure!(もちろん)と言ってくれるはず。

すんなり英語が出ない時はこれ!自分でシートを指さしCan I?これだけでもOKです。

May I get by?

「前を通ってもいいですか?」

通路側以外の席にいると、トイレなどで人の前を通らなければいけません。これもマナーですから覚えておいて使って下さい。簡単にExcuse me.だけでもまずくはないのですが、それに続けてこのフレーズを使うともっと丁寧です。

発音は「メイアイ ゲッバイ?」の感じです。態度でわかるので聞き返されることもおそらくないですね。

The earphone isn't working.

「イヤホンが壊れているようです。」

ちょっとした故障などもありますから、覚えておくと便利です。○○ is broken.(壊れている)という表現もあるのですが、著者はニュアンスがきつい感じがするのでis not workingの方を使います。自分の操作が間違っていることもありますから。

発音は「ディイヤフォン イズント ワーキン」。これも指さしていれば通じるはずです。本来は動くものが動いていないという意味合いなので、ホテルでも時計やヒーターなど電化製品の不具合にも使っています。

注意点とアドバイス

日本人の英語力の弱さは航空会社のクルーはわかっているので、大抵の事は対応してくれます。ただマナーとしてPleaseをつけて単語を言うとか、サービスを受けた時にはThank youとお礼を言うことは忘れないようにしましょう。笑顔でです。

クルーだけでなくお隣に座っている人にも何かしてもらったりした時にはちゃんとお礼を言うべきですね。

最初座席につく時にでも目が合ったらHello!と笑顔であいさつしておきましょう。そのことだけでもフライト中のコミュニケーションが上手くいきますよ。

おわりに

参考になりましたか。英語に自信がないからと恥ずかしがっていては、欲しいものももらえず窮屈な思いをすることになります。遠慮しないで話してみて下さい。快適なフライト、楽しい旅になりますように。

(Photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130326102824 5150f9b81516e

本記事は、2013年03月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る