\ フォローしてね /

気泡緩衝材(プチプチ)を使った窓の冷気対策のやり方

自分で簡単にできる窓の寒さ対策として気泡緩衝材、いわゆるプチプチを使った冷気対策があります。この対策をすれば、空気の層が作られることで、窓から流れ込んでくる冷気を防ぎ、また温かい室内の熱を逃がしません。また、窓に直接プチプチを貼るわけではないので取り外しも楽です。冬の寒い日、暖房やストーブをつけているのに部屋の中が暖まりにくいと感じたことがある方は、ぜひ一度試してみて下さい。
nanapi
nanapi
nanapi
nanapi
nanapinanapinanapinanapi

真冬の寒さになると、カーテンだけでは外からの冷気を100%遮断するのはなかなか難しいですよね。我が家では北側に出窓があり、冬になるとカーテンの隙間から冷気が入り込み部屋が暖まりにくくなっていました。

そこで、冷気対策に考えたのが気泡緩衝材(きほうかんしょうざい)、いわゆる“プチプチ”を使うこと。

部屋の温度が下がりにくくなり、例年よりも暖かく過ごせるようになりました。今回はプチプチを使った窓の冷気対策のやり方をご紹介します。

「プチプチ」は川上産業株式会社の商標登録商品です。

用意するもの

  • 気泡緩衝材(プチプチ)…100円ショップやホームセンター、Amazonなどで買えます。
  • はさみ
  • セロテープ(または透明のガムテープ)

やり方

STEP1:プチプチをカット

冷気対策したい窓枠より少し大きめにプチプチをカットします。

今回は、北側にある出窓の冷気対策を行いました。窓の大きさは新聞紙を広げたくらいより少し小さめです。

STEP2:窓枠に貼り付ける

カットしたプチプチと窓枠上部(ピンク枠で囲んだ所)をテープで止めます。

テープで止めるのは窓枠上部だけにします。そうしないと物が取り出しにくく窓も開けられなくなってしまいますので注意しましょう!

STEP3:調節して完成

できるだけ冷気をシャットアウトするため、下側は長めに取っておきます。長すぎるときは切って調整してください。

窓枠全体をプチプチで覆ったら完成です!

ポイント

プチプチは大きめに貼りましょう。そうすることでより、冷気が部屋に入り込みにくくなります。

窓の冷気対策の効果

冬場は夜になると、部屋の温度がぐんぐん落ちて、暖房してもなかなか暖まらなかったのですが、この対策をしてからは部屋の温度の下がり具合がゆるやかになり、暖房を付けていれば暖かさをキープできるようになりました。

また窓際からの冷気で目が覚める事もなく、暖房費が若干少なく済んだのもうれしかったです。

最初は気休め程度かなと思っていましたが、想像以上の効果があり、これから冬はこの方法で冷気対策することに決定しました。簡単なのでぜひ試してみて下さいね!

Twitterで紹介!

(image by PIXTA 1 2)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。