生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 思いやりを込めて!シニア世代への贈り物のこだわりポイント

思いやりを込めて!シニア世代への贈り物のこだわりポイント

2013年03月27日作成

 views

シニア世代に贈り物を贈るとき、自分たちとは全く違った時代を生きてきて、違った感性を持っている相手への贈り物に、何を選べばよいのか、悩んでしまうことも多いですよね。

そこで、祖父母が健在でシニア世代によく贈り物をしている著者が実践している「シニア世代への贈り物のこだわりポイント」を紹介したいと思います。

目次

シニア世代への贈り物のこだわりポイント

その1:金額よりも気持ち

シニア世代がもらって喜ぶものは、高価なものよりも気持ちのこもったものだと考え、気持ちの伝わるギフト選びを心がけています。

例えば、効果なブランド物の洋服をもらうよりも、孫が手作りしてくれたマフラーをもらったほうが嬉しかったりするのです。

また、自分よりもずっと目上の存在であるシニア世代の方に、あまりにも高価なプレゼントをするのは、なんだか逆に失礼なような気がします。そんな考えもあって、手作りのもの温もりのあるものなど、金額よりも気持ちのこもったギフト選びを心がけています。

その2:体を気遣ったもの

どんなに健康で元気な方でも、シニア世代と呼ばれる年代になると、どこかしらガタが出てきてしまうものです。

「ちょっと腰が痛くて・・・」

「最近、血圧が高めで・・・」

そんなグチを聞くことも、よくありますよね。そんな体をいたわってあげられるような、体を気遣ったギフト選びを心がけています。

腰が痛いのなら、腰痛に効くベルトなんかをプレゼントしたり、血圧が高いのなら、シニア世代でも操作が簡単な血圧計をプレゼントしたりするのです。

「健康で長生きしてほしい」気持ちを込めたギフトになります。

その3:シニア世代でも確実に楽しめるもの

シニア世代に贈る贈り物は、自分たちが欲しいと思うようなものと、同じ感覚で選んではいけません。

例えば、おいしいお菓子を見つけて、シニア世代の方にも楽しんでもらいたいからと、プレゼントするとします。その時考えてほしいのが、以下の点です。

  • 入れ歯でも食べられる柔らかさか
  • 入れ歯にくっつく心配がないか
  • 喉に詰まらせる危険がないか
  • 日持ちするものか

シニア世代の方は、入れ歯を使用している方も多いので、食べ物を贈るのにも自分たちと同じようにはいかないのです。また、シニア世代になると少食になる方も多く、少しずつでも楽しめるように、日持ちする商品であることが大切になってきます。

シニア世代の体の負担にならないようなギフト選びを心がけてください。

実際に贈ったことのあるギフトと相手の反応

著者は、気持ちの伝わるギフトとして、自分の祖母に、孫夫婦・ひ孫達と一緒に撮った写真を写真立てに入れて贈ったことがあります。

写真立ては800円くらいのもので、そこに写真が1枚入っているだけなので、ほとんどお金はかかっていませんが、1人暮らしの祖母の部屋に飾ってもらうことで、いつでもそばにいるような気分になると喜んでもらえました。

また、お盆にお邪魔するときに持っていくギフトには、缶ジュースの詰め合わせを選ぶようにしています。来客の多い祖母の家で、缶ジュースを出す機会はたくさんありますし、日持ちする上、入れ歯の祖母でもジュースなら困りませんよね。

祖母は、

「夏場は喉も乾くし、ジュースが一番うれしい!缶なら、飲みきれなくて無駄になることもないしね。」

と喜んでくれます。

食べ物であっても、物であっても、相手の立場に立って喜んでもらえるものを選びましょう。

シニア世代へのギフト選びの注意点

シニア世代にギフトを贈る際、気を付けたいのが「流行を追い過ぎないこと」です。

自分たちにとって魅力的な流行の商品が、シニア世代の方にとっても魅力的だとは限りません。全く違った感性を持った相手だということを頭に入れて、流行のものよりも、贈る相手一人ひとりが使いやすそうなものを選ぶように心がけましょう。

おわりに

シニア世代へのギフト選びは、感性が違うだけに、難しいと感じてしまいがちです。ですが、喜んでくれるシニア世代の方の顔を思い浮かべると、なんだか心が温まりますよね。

気持ちを込めたギフト選びで、シニア世代の方に笑顔になってもらいましょう。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130326094423 5150ef6727d9b

本記事は、2013年03月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る