生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 子育て中の人にオススメの本5選

子育て中の人にオススメの本5選

2010年11月15日作成

 views

子育て・・・特に初めてのお子さんの場合は「これでいいのだろうか?」と不安になったりするものですね。子育てに教科書は無いと言います。しかし、参考にしたい考えは色々あるのではないでしょうか?

そこで、子育て中の人にオススメの本を5冊ほど紹介してみたいと思います。

目次

オススメその1 「しつけの知恵―手遅れにならないための100の必須講座 」

しつけの知恵―手遅れにならないための100の必須講座 (PHP文庫)

幼い頃に子どもをどうしつけるか。その答えは大人になってから出てくるのです。人に優しく、強くたくましく、創造力に富んだ子に育てるかどうかは、親のしつけ方次第です。

子育てに悩むお父さん、お母さんに贈る「しつけのバイブル」。(「BOOK」データベースより)

オススメその2 「子どもが育つ魔法の言葉」

子どもが育つ魔法の言葉 (PHP文庫)

世界22カ国で愛読され、日本でも120万部を超えるベストセラーとなった子育てバイブル、待望の文庫化。子育てでもっとも大切なことは何か、どんな親になればいいのかというヒントが、この本にあります。

シンプルな言葉の中に、誰もが共感できる子育ての知恵がちりばめられています。(「BOOK」データベースより)

オススメその3 「「育てにくい子」と感じたときに読む本―悩み多き年齢を上手に乗り越えるためのアドバイス」

「育てにくい子」と感じたときに読む本―悩み多き年齢を上手に乗り越えるためのアドバイス

手のかからない子がいい子だなんてそんなのは大きなまちがいですよ。人生のどこかで、親は子どもにたっぷり手をかける必要があるんです。

ベストセラー『子どもへのまなざし』の著者、児童精神科医の佐々木正美先生がたくさんの子育ての悩みに、あたたかく、時に厳しく、真摯に答えてくれます。(「BOOK」データベースより)

オススメその4 「子どもへのまなざし」

子どもへのまなざし

著者は、子どものありのままを受け止めることが大切だと強調する。十分な受容や承認を受けた子どもは、安心して社会に出ることができる。子どもにとって、最大のサポーターであり、理解者であるのが親なのだ、と。

育児の喜びは、子どもに期待できる喜び、子どもを幸せにできる喜びの二つあると著者はいう。そして、子どもの笑顔や喜ぶ姿に、自分自身が喜べる親であってほしいと願う。

オススメその5 「育児の困った!解決Q&A―赤ちゃんの発達から毎日の暮らしまで」

育児の困った!解決Q&A―赤ちゃんの発達から毎日の暮らしまで (たまひよ新・基本シリーズ)

先輩ママからのお役立ちアンサーもたくさん紹介。ママ自身の体と心のトラブルにもズバリ答えます。あらためて人には聞けない気がかりにドクターと先輩ママが答えます。

1人で抱えている悩みも取り上げています。国内最大級の女性サイト「ウィメンズパーク」から、全国のママの悩みと本音を紹介。口コミならではの、ホットな話題が満載です。(「BOOK」データベースより)

おわりに

育児本は色々あって迷ってしまいますね。ここで紹介した本は比較的人気があり読みやすい本ばかりだと思います。

しかし、子育て本はあくまで参考にする程度にとどめ、人それぞれ十人十色の子育てがあるのだということも忘れてはいけないと思います。

本記事は、2010年11月15日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る