生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon housing不動産・住宅

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 知っておきたい!住まいの照明計画

知っておきたい!住まいの照明計画

2013年03月26日作成

 views

お気に入り

蛍光灯や白熱灯など、照明の選び方によってお部屋の印象は大きく変えることができます。とはいえ、どの照明がどんなメリットがあってどんなデメリットがあるかなど、なかなか使ってみないとわかりませんよね。

ここでは、住まいのインテリアづくりの際に知っておきたい、照明の基本から照明計画についてご紹介します。

照明計画の基本

直接照明と間接照明

照らし方により、直接照明と間接照明に分けられます。

  • 直接照明

光を直接対象物に当てる方法です。

  • 間接照明

光を一度壁や天井に当て、そこからの反射で部屋を明るくするものです。

インテリアのムードを重視する最近の傾向では、ただ明るいだけの直接照明だけでなく、間接照明を上手に組み合わせた照明計画が取り入れられるようになってきました。

間接照明は内装材の反射率に大きく影響されるため、事前に十分な検討が必要です。

全般照明と局部照明

使用する器具の種類により、全般照明と局部照明に分けられます。

  • 全般照明

シーリングライトやシャンデリアなどで、部屋全体をまんべんなく照らす方法です。

  • 局部照明

ブラケットやテーブルスタンドなどで、部屋を部分的に照らす方法です。

照明器具を上手に組み合わせてインテリアを引き立てるには、設計段階から建築やインテリアと同時進行で照明計画を立てる必要があります。

ランプの種類

照明器具の検討で一番最初にすることは「光源を何にするか」ということです。現在、住宅では白熱電球と蛍光灯が、一般的なものとして使われています。

白熱灯

  • メリット

物が立体的に見える点光源で調光も可能です。暖かみのある光色で、普通球、ボール球、クリプトン球と種類が多彩です。瞬間的に点灯するのが特微で、後まで明るさに大きな変化はありません。

  • デメリット

点光源のため、影が出やすいといったデメリットがあります。また、表面温度が高く、照度が高いと、まぶしく厚くるしい印象になります。寿命が短く、交換頻度が多いところも難点です。

蛍光灯

  • メリット

影が出にくく、均一な明るさをもたらします。作業空間に向いているといわれます。白色・昼白色電球色など光源も選べます。寿命は長く経済的です。

  • デメリット

照度が低い場合は、陰気で寒い雰囲気になってしまいます。フラットな光のため、光と影の対比や、やすらぎ感を演出するときには不向きです。

配光の種類

効果的な照明演出のコツは、「一室多灯」です。

特にリビングなどの広い空間は、照明器具の組み合わせ次第でがらりと雰囲気が変わります。

全般拡散照明

光源を中心に光が全方向へ広がる照明です。

1灯で空間全体を明るくする場合に適しています。

直接照明

光源の光をそのまま食卓などにあてる照明です。

全体を照らさないため多灯使いの場合が多いです。

間接照明

光を周囲に反射させ、光源を直接見せない照明です。多灯と組み合わせると空間にメリハリが出ます。

また、間接照明には次のような種類があります。

コーブ照明

折り上げ天井の隅や壁に光源を隠して、天井面を明るくする方法です。天井があまり高くない広い空間に有効です。

コーニス照明

天井と壁が接するところに、遮光板などで光源を隠し、壁やカーテンなどを照明する方法です。

バランス照明

壁に取りつけられ、遮光板の上下に光を出す照明です。天井や壁面などの仕上げ材やディテールとのバランスを考えて、計画する必要があります。

間按照明だけでは退屈な雰囲気になりやすいため、アクセントとなる照明器具を組み合わせるとよいでしょう。

スイッチの種類と位置

主なスイッチの種類は、以下の5つです。

パイロットスイッチ

消灯時でもパイロットランプが点灯し、スイッチの位置を確認できます。

遅れ消灯スイッチ

消灯しても一定の時間点灯しているスイッチです。玄関や廊下などに適しています。

換気スイッチ

消灯後一定の時間、換気扇が作動します。タイマーで作動時間を設定できるものもあります。

人感スイッチ

人が近づくと、体温による温度変化を感じて自動的に点灯し、離れると消灯するスイッチです。

省エネにも役立ちます。

調光スイッチ

照明の明るさを0~100%の間で調節できるスイッチです。

リビングなどの照明演出に効果を発揮します。通常のものは白熱電球用で、蛍光灯の場合は専用の器具と調光用安定器が必要です。

電球が長持ちし、消費電力も抑えられるといった効果もあります。
照明の明るさを、何段階かに切り替えるタイプもあります。

おわりに

ここでは、住まいづくりの際に知っておきたい、照明計画についてご紹介しました。

ご自身の好みにあった照明を選び、素敵なお部屋を目指してくださいね。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • A664aa7b 67ef 4be5 a2ba b6fad1465890
  • 20121128181835 50b5d6ebe360e
  • 20121128181948 50b5d7346e33a
  • 20121128182103 50b5d77fc9fc6

本記事は、2013年03月26日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る