生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 相手のペースに巻き込まれるな!喧嘩腰な人や攻撃的な人とうまく付き合うコツ

相手のペースに巻き込まれるな!喧嘩腰な人や攻撃的な人とうまく付き合うコツ

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

こちらが円滑なコミュニケーションをとりたくても、あまり友好的な態度をとってくれない人・・・やたらアグレッシブな人、いますよね。

ここでは、喧嘩腰な人や攻撃的な人との接し方のコツについてご紹介します。

喧嘩腰な人、攻撃的な人とは?

  • 人の一挙手一投足に過剰に反応して、突っかかってきたり注意をしてきたりする人
  • 誰かの意見をすぐに自分への批判だと受け取って、激昂する人
  • ライバル意識が強く相手と自分をすぐに比べたがる人

こういった、「喧嘩腰」な人、特に男性に多いような気がします。

「いかに、うまく付き合っていくか?」これは社会人として大事なことです。

このタイプの人と接する心構え

実は気が小さい?!

喧嘩腰な人は、「相手と感情的に議論すること」「激しく口論すること」それ自体をイベントのようにして自分だけで盛り上がっているパターンがあります。

ですから、少し刺激的な言葉で、相手を挑発したり、挑戦的な態度をあえてとってくるのかもしれません。

また、口論する過程自体を楽しんでいることもあり、口論のあとにはすっきり・翌日にはカラッと忘れていたり・・・性格上の問題で悪気はないのだと心得ましょう。

そして、些細なことに突っかかってくる人は、実は気が弱かったり、気が小さかったりすることがあります。

器の大きな人であれば、誰に何を言われようと自分に自信があるので、感情を悪くしたり相手の発言にむきになったりすることはありません。

コミュニケーションをはかるコツ

まずは自分が感情的にならないことが一番大切です。

相手の挑発に乗ってしまったら、それこそ相手の思うつぼです。

喧嘩腰な人は、概して口論に強い傾向にあります。相手の挑発に乗ってしまうと自分が嫌な思いをしたり、無駄な時間を過ごしたり・・・、相手との関係も悪くなってしまう人もいます。

相手のペースにのまれない

まず、「相手が自分にケンカを売ろうとしているなー」と認識しましょう。挑発されても落ち着いて、冷静に相手を観察しましょう。

そして最大のポイントは、相手のペースにのまれないことです。淡々と相手の話を聞いて、相づちを打っているだけでいいのです。

自分があまりに無反応で、その手にはのらないよ、という意思表示をしっかりしていれば、それ以上けんか腰で突っかかってくることはないです。

便利な相づちとしては・・・「なるほどねー」「そうなんだー」「そういうこともあるよね」などが無難だと思います。

円滑にコミュニケーションをはかりたい方へアドバイス

自分のペースに持ち込む

かわし方としては自分のペースに持ち込むことも有効ですよ。

質問をはぐらかしたり、相手の予想していないような回答をしたり、話題を変えてしまったり・・・色々な方法があると思います。

「ところで、前々から思っていたんだけど・・・」「話は全然違うんだけどね・・・」など、また他に相手が興味を持っていそうなことがあれば、そちらに矛先をうまく向けるように誘導することもできるでしょう。

注意点

ただし、上記のテクニックを実践する上で注意点があります。

それは、相手がただ単にケンカ相手を探しているのではなく、真剣に怒っていたりするときは、逆効果になってしまう、ということです。

もし相手が真剣に怒っているのであれば、それをちゃかしたり、馬鹿にするような態度で、相手のペースを乱すことは失礼に当たりますので、注意しましょう。

おわりに

いかがでしょうか?

喧嘩腰でアグレッシブな人は、どこにでも居るものですが、決して悪気からきているのではないと著者は感じることが多いです。

相手のペースにのみこまれないように、のらりくらりとかわして、良好な関係を築いていければ最高ですね。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130325184117 51501bbddbfb1

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る